ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
お金持ちになるためのバフェット入門
【第13回】 2007年12月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
三原淳雄

有望銘柄は、生活に密着したところにある!

1
nextpage

 今回は、有望銘柄をより生活に密着した視点から見つける方法をご紹介します。

 バフェットは身近なメインストリートで、次々に素晴らしい会社を見つけました。たとえば、ネブラスカ・ファニチャー・マートは、バフェットが株を買うかなり前から足繁く通っていたお店でした。シーズ・キャンディーズやボーシャイムズなども、メインストリートで見つけたお店です。

 このような話をすると、「でも残念ながら、自分のまわりにはよい会社が見つからない」と思われる人も多いことでしょう。しかし、どんな人でも、日常生活で情報を角度を変えて見つめ直すだけで、たくさんの有望銘柄を探し出すことができます。具体例をいくつか挙げてみましょう。

(1)お気に入りのお店を
分析してみる

 週に1回、月に1回などリピーターとして通っているお店はありませんか。レストランでも、美容院でも、デパートでも構いません。あなたがどうしてそのお店に通うのか理由を考えてみましょう。いつも新しい商品があるから、料理がおいしいから、店員さんの接客がていねいだから……思わずリピーターになってしまうお店は、優れた経営者がしっかりしたポリシーをつらぬいていることが多いものです。

(2)就職したい会社を
調べてみる

 あなたが「こんなに素晴らしい会社ならぜひ働いてみたい」と感じている会社はありませんか。就職(転職)したいほど好きな会社というのは、自分にとって“理想の会社”といえます。なぜそこまで好きになったのかを分析してみましょう。

 たとえば、「働きやすそうな会社だから」と漠然と思っていたとすれば、なぜ働きやすそうなのか、どういう経営方針なのかを調べてみる。給料が高いところに惹かれたのなら、なぜ社員に高い給料を支払えるのか、どんな仕組みで利益を上げているのか、自分なりにリサーチしてみましょう。

 株式投資というのは「自分のお金を会社に就職させること」です。あなたが就職したくなるほど素晴らしい会社なら、安心してお金を任せることができるでしょう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
会社に入る前に知っておきたい これだけ経済学

会社に入る前に知っておきたい これだけ経済学

坪井 賢一 著

定価(税込):2017年2月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
元経済・ビジネス誌編集長が、社会人が知っておくべき最低限の経済学の知識を厳選!ミクロ、マクロ経済学の知識に加え、「知らないとヤバい10大経済ニュース」も紹介。これ一冊で、経済学の基本と仕事への応用、ニュースの見方、そして近代の経済史までわかる、社会人必読の経済学入門書です。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/19~3/25)



三原淳雄

1959年九州大学経済学部卒業後、日興證券に入社。70年ノースウェスタン大学経営大学院留学。日興證券ニューヨーク支店勤務、ロサンゼルス支店長を経て同社退社。80年三原淳雄事務所を設立。現在、経済評論家として、日本経済、株式投資などの講演・執筆活動多数。日本におけるウォーレン・バフェットの研究家として知られている。


お金持ちになるためのバフェット入門

バフェットの考え方がわかれば、安全・確実に資産を増やすことができる。銘柄の選びからバリュー投資までのシンプルな考え方をコンパクトに紹介。

「お金持ちになるためのバフェット入門」

⇒バックナンバー一覧