ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金利市場透視眼鏡

変動幅が小さく利回りが高い
米国債は今最も有利な投資先

野地 慎 [SMBC日興証券シニア金利ストラテジスト]
2014年11月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 日本銀行は10月31日に長期国債の買い入れ増額や買い入れ国債の平均年限長期化を中心とした追加緩和政策を発表した。国債需給逼迫化は確実視されており、今後、緩やかに日本の長期債、超長期債利回りは低下していくものと予想される。

 国内投資家の運用難に拍車が掛かり、あらためて債券投資戦略を練り直す必要がありそうだ。

 注目すべきは米国債の相対リターンの高さである。日本の10年債利回りと諸外国の為替ヘッジ後の10年債利回りを、それぞれの利回りのボラティリティ(変動幅)で除した値(シャープレシオ)を見ると、日本国債が最も高かった局面は終わり、最近では米国債が最も高い。シャープレシオで表されるのはリスク対比のリターンである。この観点からは、米国債が最も割安といえる。

 追加緩和期待が残るユーロ圏や追加緩和が決定された日本と違い、米国では2015年半ばごろの利上げの可能性が高まる中でリスク対比リターンが高くなっている。利上げ期待を示すFF(フェデラルファンド)金利先物に注目すれば、株価や世界経済情勢に振り回されるような格好で上下を繰り返している。その点を考えると、リスク対比のリターンはもっと低くてもよいように思われる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


金利市場透視眼鏡

国債などの債券投資家のニーズに応えるコラム。執筆には第一線のエコノミストを迎え、債券市場の動向を分析、今後の展望を予測する。

「金利市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧