ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
陰山英男の「時間管理」入門
【第1回】 2014年12月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
陰山英男 [立命館大学教授]

使い方次第で脳が鍛えられる!?
陰山英男氏に聞く、賢い手帳の選び方

1
nextpage

いよいよ年の瀬。書店や文房具店にはたくさんの手帳が並んでいる。毎年何を選ぶか悩まれている方も多いのではないだろうか。立命館小学校の陰山英男氏は「時間管理がしやすい手帳を使うことで、集中しやすくなり、少ない時間で大きな成果が上がるようになる」という。成果が上がりやすい手帳について詳しく説明する。

時間の使い方次第で
脳の働きが大きく異なる?

陰山英男(かげやま・ひでお)
1958年生まれ。岡山大学法学部卒。兵庫県朝来町立(現朝来市立)山口小学校教師時代から、反復学習で基礎学力の向上を目指す「陰山メソッド」を確立し脚光を浴びる。2003年4月尾道市立土堂小学校校長に全国公募により就任。現在は立命館大学教育開発推進機構教授(立命館小学校校長顧問兼任)。

 「人は1日24時間、1年365日を平等に与えられている以上、仕事の成果は時間の使い方に左右される」。そう考えてきた私は、時間を効率的に使うよう子ども達に指導してきた。

 しかし最近、時間の使い方にはもう少し深い意味があることに気づいた。時間の使い方によって、脳の働きが大きく異なるというのだ。子どもの勉強を例にして説明しよう。

 子どもの脳を鍛えたいのなら、集中することを覚えさせればいい。「集中する」とは「脳がよく働く状態」のことだからだ。そして、集中することを習得させるには勉強が最適のトレーニング方法なのである。よく学校で「成績を上げるために集中して勉強する」という人がいるが、実は「集中できるようになるために勉強する」ほうが、脳にとっては正しいと考えた方が適切だ。

 ここに、ダラダラ分数の勉強をしている子どもがいるとする。普通、この子どもは分数を学習しているように見える。しかし、脳について考えてみると、彼が学んでいるのは分数ではなく「ダラダラすること」だ。「集中=脳をよく働かせる」トレーニングのはずが、「脳をダラダラ働かせる」トレーニングになっている。これでは学習をやらない方がいい。

 実際、様々なデータを調べてみると、学習時間と学習成績との間にはそれほど緊密な関連性はない。重要なのは、最大限集中をしているかどうかなのだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • 第1回 使い方次第で脳が鍛えられる!?陰山英男氏に聞く、賢い手帳の選び方 (2014.12.12)
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


陰山英男 [立命館大学教授]

1958年兵庫県生まれ。岡山大学法学部卒。兵庫県朝来町立(現朝来市立)山口小学校教師時代から、反復学習で基礎学力の向上を目指す「陰山メソッド」を確立し脚光を浴びる。2003年4月尾道市立土堂小学校 校長に全国公募により就任。百ます計算や漢字練習の反復学習を続け基礎学力の向上に取り組む一方、そろばん指導やコンピューターの活用など新旧を問わず積極的に導入する教育法によって子どもたちの学力向上を実現している。2006年4月から立命館大学 教授(立命館小学校 副校長 兼任)に就任。 現在は、立命館大学 教育開発推進機構 教授(立命館小学校 校長顧問 兼任)。過去には、文部科学省・中央教育審議会 教育課程部会委員、大阪府教育委員会委員長にも就任。主な著書に、『陰山手帳』(ダイヤモンド社)『学力は1年で伸びる!』(朝日新聞出版)、『若き教師のための授業学』(日本標準)、『本当の学力をつける本』(文春文庫)、『陰山メソッド たったこれだけプリント』(小学館)ほか多数。
著者ウェブサイト http://kageyamahideo.com/

 


陰山英男の「時間管理」入門

いよいよ年の瀬。書店や文房具店にはたくさんの手帳が並んでいる。毎年何を選ぶか悩まれている方も多いのではないだろうか。立命館小学校の陰山英男氏は「時間管理がしやすい手帳を使うことで、集中しやすくなり、少ない時間で大きな成果が上がるようになる」という。成果が上がりやすい手帳について詳しく説明する。

「陰山英男の「時間管理」入門」

⇒バックナンバー一覧