ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
憧れの街に住む! 東京・神奈川編

高級別荘地から高級住宅地へ
湘南で屈指のステイタス「鵠沼」

並木浩一 [ダイヤモンド社 編集委員]
【第7回】 2007年11月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

湘南の海岸線沿いに位置する住宅地の中で屈指のステイタスを誇るのが、鵠沼海岸に面したこの街である。海水浴がハイソサエティだけの楽しみであった時代には高級別荘地、やがて「お屋敷街」に。そして今も、人々がこの街に抱くイメージは裏切られることはない。街の形成から100年、鵠沼は「いつか住みたい憧れの街」であることを止めたことがないのだ。

 湘南でも独特の「格」を持つ土地海岸沿の住宅地の中で、鵠沼はそこだけ一種独特のムードを持つ街である。といっても、夏場に海水浴客としてしか訪れたことがなければ、この「匂い」のようなものは、なかなか嗅ぎとれないのであるけれども。そう、鵠沼海岸駅から一直線に砂浜を目指す場合には、この街は湘南の他の街と大差ない。

海水浴だけじゃない
鵠沼の本当の素顔

鵠沼海岸
[鵠沼海岸]
左手奥が鵠沼海岸。長い海岸線が続き、晴れた日には富士山を見ることもできる。

 ただし、メインストリートから一本横道にそれると、街並みは表情を一変させる。松に囲まれた広壮な邸宅が珍しくなくなり、「海水浴の街」の猥雑さは消え失せる。湘南屈指の高級住宅地、鵠沼の素顔が見えてくるのである。

 湘南に住む人々にとって、鵠沼という地名は憧れとともに口の端に昇る存在である。俗っぽい言い方をすれば、「いいところにお住まいで」の、まさに「いいところ」である。また、東京の、それも山の手に昔から住んでいるような人にとっては、さらに強い先入観があるに違いない。鵠沼は近所の大金持ちの子供が「夏のおうち」と呼んでいた別荘の場所であったかもしれない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

並木浩一 [ダイヤモンド社 編集委員]

1961年生まれ。青山学院大学フランス文学科卒、放送大学大学院修了、修士(学術)。編集者・執筆者として長年資格取得のテーマを手がけ、関連の著書に「最新 資格の抜け道」、共著に「『資格の達人」「税理士試験免除マニュアル」(いずれもダイヤモンド社刊)がある。


憧れの街に住む! 東京・神奈川編

成城、白金、鎌倉など、誰もが住んでみたいと思う「憧れの街」。なぜ人々が憧れるのか?歴史や文化的背景、生活環境などを見ながらその理由をひも解いていく。

「憧れの街に住む! 東京・神奈川編」

⇒バックナンバー一覧