ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
定年前にたそがれない!50代からの人生リセット術 野田稔

OECD34ヵ国中で下から3番目?
日本の人材育成はかなり荒んでいる

野田 稔 [一般社団法人 社会人材学舎 代表理事]
【第28回】 2015年1月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

誰もが組織に育てられている。
今度はあなたの番だ

 組織の中で、課長や部長などミドルマネジャーと呼ばれる立場になって一番困惑するのは多分、部下の育成だろう。名プレイヤーといわれた人ほど、それまで人を育成するということについては興味もないし経験もなかったはずだ。

 プレイヤーとして自信があった人はだいたい、「僕は誰にも育てられていない。もちろん上司に育てられた覚えもない」などとしたり顔をすることだろう。私もそうだったからよくわかる。

 しかし、冷静に思い出してみると、どこかで「育てられた」と思い当たることがあるはずなのだ。もちろん、それは丁寧に質問に答えてもらったとか、手取り足取り教えられたといった、学校教育の延長のようなやり方ではない。

 たとえば、嫌で仕方がなかった作業が実は訓練目的であったり、放置プレイかと思った現場体験も“任せてみる”という育成であって、実は結構、用意周到に用意された“修羅場”といったケースもある。そんなふうに、結構育てられているものなのだけど、本人にはその自覚がないということが多いものだ。

 もちろん、実は用意周到でも何でもなくて、ただ任せっきりの場合もあるかもしれないが、それでも結局、あなたが育ったとすれば、それも放任主義という立派な育成手法と言えなくもない。反面教師が人を育てることもある。上司の不在で部下がすくすく育つということもある。

 いずれにしても、あなたが優秀なビジネスパーソンであればあるほど、あなたは絶対に組織によって育ててもらったはずだ。

 第一に、自分も後進や部下を育てなければいけないという意識を持つこと。

 人材育成は、育ててもらったことへの対価を組織に支払う、いわば義務なのだ。しかし、同時に権利でもあることを知ってほしい。人が育つのを見ることはとてもうれしいことだと気づいてほしい。その意味で、とても価値ある権利なのだとわかってほしい。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

野田 稔 [一般社団法人 社会人材学舎 代表理事]

明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科教授/株式会社リクルートホールディングス リクルートワークス研究所 特任研究顧問。野村総合研究所、リクルート社新規事業担当フェロー、多摩大学教授を経て現職に至る。日本テレビ系列「ズームインスーパー」、NHK総合「経済ワイドビジョンe」「Bizスポワイド」、NHKEテレ「仕事学のすすめ」などメディアでも活躍。主な著書に『組織論再入門』『中堅崩壊』(以上ダイヤモンド社)、『二流を超一流に変える「心」の燃やし方』(フォレスト出版)『企業危機の法則』(角川書店)など多数。


定年前にたそがれない!50代からの人生リセット術 野田稔

大企業の中に、500万人近くいると推計される雇用保蔵者。役職定年者を中心に、もし自分が雇用保蔵人材と認定されているとしたら、どのように自らのキャリアを考え、建て直していくべきなのか。50歳で人生を黄昏(たそがれ)にしないためのマインドセットと自分を変えるための方法論とは……?

「定年前にたそがれない!50代からの人生リセット術 野田稔」

⇒バックナンバー一覧