ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日本と世界の重要論点2015

【2015年の世界経済】
緩やかな成長シナリオを脅かす
“逆オイルショック”

【第1回】 2015年1月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「地域別にばらつきがあるものの、米国にけん引されて緩やかに回復する」(メリルリンチ日本証券・吉川雅幸エコノミスト)。これが2015年世界経済のメインシナリオだ。このシナリオに暗い影を投げかけているのが、原油価格の暴落=逆オイルショックである。

米国が世界経済をけん引

 最初に、メインシナリオを見ておこう。15年が緩やかな成長にとどまるのは、米国の独り勝ちで、日欧の成長率が低く、新興国も成長率が伸び悩むためだ(図表)。

 まず、米国は通常の景気循環に戻り、その上昇局面に入っている。リーマンショック前に積み上がった家計の負債も減って、ショック前のトレンド線に戻ってきた。可処分所得に占めるローン返済の比率も同様だ。住宅投資、家計の耐久消費財購入、企業の設備投資も緩やかに伸びる。

 注目は、昨年10月にQE3(量的緩和第3弾)を終えたFRB(米連邦準備制度理事会)が、いつ利上げに踏み切るか。日本総研の山田久チーフエコノミストは「早ければ春、遅くとも秋ごろには利上げを始める」と見る。

 日本はアベノミクスの「第2幕」がスタート。日銀による追加緩和、財政出動(補正予算)、消費増税の先延ばしは景気にプラスに働く。企業の設備も耐用年数が伸びているため、設備の更新投資を軸に緩やかに伸びるだろう。ただ、円安になっても輸出があまり伸びないため、実質成長率の増加は緩やかなものにとどまる。

 先進国で一番の問題はユーロ圏だ。リーマンショック後の調整が、依然残っている。その象徴が労働市場に見て取れる。周知のようにユーロは共通通貨だけに、ユーロ域内の経済力(生産性)の格差を為替で調整することができない。つまり、経済力(生産性)の低い国は、自国通貨安で輸出競争力を回復することができるが、共通通貨ユーロを採用している国々間では、為替による調整ができない。したがって、経済力の劣る国は賃金コストを下げ、競争力を回復することになる。

 ユーロ圏で生産性が高いドイツと比べて、スペイン、アイルランドなどかつての問題国は調整が進んでいる一方で、実はユーロ圏の大国であるフランスとイタリアの調整が遅れており、景気が低迷している。このためユーロ圏の成長率は横ばい強含み程度と予想されている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


日本と世界の重要論点2015

2015年、国内では14年末の総選挙で与党が大勝し第三次安倍内閣が発足、長期安定政権の誕生で政策課題への取り組みの進捗が注目を集める。国際的には中東で「イスラム国」が台頭、経済制裁とルーブル暴落でロシア情勢が不安定化し、国際政治は混迷が深まりそうだ。そんな状況下の2015年、重要論点ごとに、その課題と展望を探る。

「日本と世界の重要論点2015」

⇒バックナンバー一覧