ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
定年前にたそがれない!50代からの人生リセット術 野田稔

一流コンサルタントを生み出す泥臭い育て方

野田 稔 [一般社団法人 社会人材学舎 代表理事]
【第29回】 2015年1月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

仕事の型を覚えてもらう――
若手の育成はそこから始まる

 人材育成には厳然たるステップがある。一足飛びには絶対人は育たない。どんな仕事でも、人材育成を行う場合、最初は誰であれ、“型にはめる”ことを強く意識する必要がある。

 そのためには、前提としてその職場に正しい型がなくてはいけないということになる。これが暗黙知だと、伝わるのに時間がかかる。したがって、特に新入社員を育成する場合は、伝わりやすい言語化された型を用意する必要がある。最初に間違った型にはめてしまうと取り返しがつかないので、しっかりとした型をまず用意してほしい。

 しかもその型は、前回説明したように、戦略的な目的をベースとしたものでなければ意味がない。その会社に伝わる変わらない部分もあろうが、常に更新していく部分もあろう。この型のアップデートを誰が担うべきかについては後述しよう。

 型の中身であるが、その職場で仕事をちゃんとこなしていくには、一体どんなスキルが必要で、どんな気持ちで何を勘所として仕事をすればうまくいくのかということが、明示されていることが重要だ。

 たとえば私はコンサルタントとして野村総合研究所に入った。最初の3年間は助走期間と位置付けられた。一人前の研究員になるには3年くらいかかるというわけだが、その3年間で学ぶべき、極めて明確なスキルセットが用意されていた。

 やるべきことは明確だった。それを研修ではなくOJTで行う。たとえばアンケート分析と統計分析では、個表の設計、集計、分析と3段階ある。学ぶ項目の順番は、その項目を必要とする仕事がたまたま巡ってくるかどうかによるので、人によっては学ぶ順番が前後するが、それはそれで良しとされた。

 ただ、先輩がちゃんと頭の中で覚えていてくれて、たとえば「彼は国内インタビューはもう卒業だけど、アンケートはまだやっていなかった。だからアンケート分析のある次のプロジェクトには彼をアサインしよう」というように決めて、手配をしていた。その繰り返しで3年が経過した。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

野田 稔 [一般社団法人 社会人材学舎 代表理事]

明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科教授/株式会社リクルートホールディングス リクルートワークス研究所 特任研究顧問。野村総合研究所、リクルート社新規事業担当フェロー、多摩大学教授を経て現職に至る。日本テレビ系列「ズームインスーパー」、NHK総合「経済ワイドビジョンe」「Bizスポワイド」、NHKEテレ「仕事学のすすめ」などメディアでも活躍。主な著書に『組織論再入門』『中堅崩壊』(以上ダイヤモンド社)、『二流を超一流に変える「心」の燃やし方』(フォレスト出版)『企業危機の法則』(角川書店)など多数。


定年前にたそがれない!50代からの人生リセット術 野田稔

大企業の中に、500万人近くいると推計される雇用保蔵者。役職定年者を中心に、もし自分が雇用保蔵人材と認定されているとしたら、どのように自らのキャリアを考え、建て直していくべきなのか。50歳で人生を黄昏(たそがれ)にしないためのマインドセットと自分を変えるための方法論とは……?

「定年前にたそがれない!50代からの人生リセット術 野田稔」

⇒バックナンバー一覧