ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『週刊ダイヤモンド』特別レポート

グーグルを辞めて
孫正義と旅に出る真相を明かそう。

――ニケシュ・アローラ(ソフトバンク副会長)独占インタビュー

週刊ダイヤモンド編集部
2015年1月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

昨年10月、ソフトバンクがさらなる世界展開をするため経営参画したニケシュ・アローラ。米グーグルの最高幹部の職を辞してまで、孫正義と目指したい夢とは何か。就任後、その経緯を「週刊ダイヤモンド」1月24日号特集「孫正義 世界を買う」で初めてメディアに語った。(聞き手/「週刊ダイヤモンド」編集部 後藤直義、文中敬称略)

 2014年7月4日、イタリア南部にあるリゾートホテルでは豪勢な結婚披露宴が開かれていた。

 主役はニケシュ・アローラと、インド有数の財閥出身の女性実業家アヤシャ・タパールの2人。会場にはグーグル創業者のセルゲイ・ブリンやラリー・ペイジ、またハリウッド俳優のブラッド・ピットといった面々が並んでいた。

 そんな結婚という人生の節目を迎えていたアローラは、仕事でも大きな決断をしようとしていた。

Nikesh Arora/インド出身。金融機関にて通信業界のアナリストとして活躍後、Tモバイルの要職を歴任。2004年にグーグルに入社、ビジネス部門の最高責任者を務める。昨年10月よりソフトバンク副会長として海外M&A戦略を担当。

 6月のある週末に、米カリフォルニア州のロサンゼルスで休暇を楽しんでいたら、マサ(孫正義)から「今どこにいるんだ?」という連絡があったんです。

 「ここに泊まっているよ」と滞在先のホテルの場所を返信したら、「分かった! そこにはおいしい日本料理屋が入っているよね!」と言って、何と突然訪ねてきたのです。そこで、私の妻になる人にも会ってもらいました。

 その数週間後に私たちは結婚をしたのです。マサにも結婚式に出席してもらいました。そして私たちは、以前からあることを長い時間かけて議論していたのです。

 アローラが初めて孫に出会ったのは08年のこと。孫があるアイデアをグーグルに持ち込んだのがきっかけだったという。

 「ヤフージャパンの検索エンジンを、グーグルのものに切り替えたいという話でした」(ソフトバンク関係者)

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


『週刊ダイヤモンド』特別レポート

『週刊ダイヤモンド』編集部厳選の特別寄稿と編集部による取材レポートを掲載。本誌と連動した様々なテーマで、経済・世相の「いま」を掘り下げていきます。

「『週刊ダイヤモンド』特別レポート」

⇒バックナンバー一覧