ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
宿輪ゼミLIVE 経済・金融の「どうして」を博士がとことん解説

インフレで経済は本当によくなるのでしょうか?

宿輪純一 [経済学博士・エコノミスト]
【第3回】 2015年1月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 マクロ経済における目標は「経済成長(景気)」と「物価」の2つ。経済成長はGDP(国内総生産:Gross Domestic Product)、そして物価はCPI(消費者物価指数:Consumer Price Index)の伸び率でみます。

 実は、成熟しつつある先進国のマクロ経済運営(政策)には、“知っている人は知っている共通の目標”があります。それは、経済成長は3%、物価は2%というものです。荒っぽく言うと、経済成長とは企業においては売上、個人ではお給料に近いものとも考えられます。つまり、3%から2%を引くと粗々1%の実質利益になると考えられます。実際、この物価上昇率2%という数字は、日本の物価上昇率の目標にもなっています。

経済の目標は
経済成長と物価をセットで考えるべき

 経済の目標を考えるときは、経済成長と物価をセットで考えることに意味があり、物価だけだと意味をなさないのです。物価だけが上がっても、庶民の生活は苦しくなるし、嬉しいはずがありません。この点、2012年12月からアベノミクスが始まって2年ほど経ちますが、インフレ目標の目的は、庶民のためではないことにだんだん気がつき始めているのではないでしょうか。そこに後ろめたさがあるのか、安倍政権は企業に対し「給料を上げよ」と盛んに言っているのはある意味わりやすいともいえます。

 インフレーション(インフレ:Inflation)とデフレーション(デフレ:Deflation)という言葉があります。インフレは物価上昇が継続する状態、デフレは物価下落が継続する状態です。景気が良くなれば、モノに対する需要が高まり、物価が上がっていきます。これは正常なプロセスであり、世で言う「良いインフレ」です。一方、景気が良くならずに、物価だけが上がっていくことを「悪いインフレ」と呼びます。

 以前の日本では、景気悪化と物価上昇が同時に起こるという「スタグフレーション(Stagflation)」の状態もあり、それは外部からの石油ショックの時に発生しました。

デフレ脱却の掛け声に
惑わされていないか?

 安倍政権はよく「デフレ脱却」という言葉をつかいます。この言葉は、本来の経済学的な意味では、デフレからの脱却=物価下落を止めることです。しかし、安倍政権の場合「景気回復」の意味も含めているように感じられないでしょうか。本来の役割分担でいうと、物価安定は中央銀行たる日本銀行の役割で、経済成長は政府の役割です。もちろん、日本銀行の行う金融政策も金利を下げることによって景気を刺激しますが、そもそもその効き目は強くはありません。

 人の体でいうと「物価は血圧」と考えられています。運動したら血の巡りが良くなり血圧は上がるでしょう。しかし、今の日本経済の状態は身体を動かさないで(寝たきりのような状態で)、大量の輸血で血圧をあげようとしているように思えて仕方がありません。輸血をすると一時的に元気になりますが、本当に悪い患部は治さないので、放っておくからさらに悪化します。

 最近では、ゼロ金利を超えて、量的金融緩和まで行っています。国の経済状況を検討する時、国の経済規模であるGDPと比較しますが、資金供給量が米国はGDPの“2割”までになっていますが、日本はすでになんとGDPの“7割”にも達しています。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

宿輪純一[経済学博士・エコノミスト]

しゅくわ・じゅんいち
 博士(経済学)・エコノミスト。帝京大学経済学部経済学科教授。慶應義塾大学経済学部非常勤講師(国際金融論)も兼務。1963年、東京生まれ。麻布高校・慶應義塾大学経済学部卒業後、87年富士銀行(新橋支店)に入行。国際資金為替部、海外勤務等。98年三和銀行に移籍。企画部等勤務。2002年合併でUFJ銀行・UFJホールディングス。経営企画部、国際企画部等勤務、06年合併で三菱東京UFJ銀行。企画部経済調査室等勤務、15年3月退職。4月より現職。兼務で03年から東京大学大学院、早稲田大学、清華大学大学院(北京)等で教鞭。財務省・金融庁・経済産業省・外務省等の経済・金融関係委員会にも参加。06年よりボランティアによる公開講義「宿輪ゼミ」を主催し、4月で10周年、開催は200回を超え、会員は“1万人”を超えた。映画評論家としても活躍中。主な著書には、日本経済新聞社から(新刊)『通貨経済学入門(第2版)』〈15年2月刊〉、『アジア金融システムの経済学』など、東洋経済新報社から『決済インフラ入門』〈15年12月刊〉、『金融が支える日本経済』(共著)〈15年6月刊〉、『円安vs.円高―どちらの道を選択すべきか(第2版)』(共著)、『ローマの休日とユーロの謎―シネマ経済学入門』、『決済システムのすべて(第3版)』(共著)、『証券決済システムのすべて(第2版)』(共著)など がある。
Facebook宿輪ゼミ:https://www.facebook.com/groups/shukuwaseminar/
公式サイト:http://www.shukuwa.jp/    
連絡先: info@shukuwa.jp

 


宿輪ゼミLIVE 経済・金融の「どうして」を博士がとことん解説

「円安は日本にとってよいことなんでしょうか?」「日本の財政再建はどうして進まないのでしょうか」。社会人から学生、主婦まで1万人以上のメンバーを持つ「宿輪ゼミ」では、経済・金融の素朴な質問に。宿輪純一先生が、やさしく、ていねいに、その本質を事例をまじえながら講義しています。この連載は、宿輪ゼミのエッセンスを再現し、世界経済の動きや日本経済の課題に関わる一番ホットなトピックをわかりやすく解説します。

「宿輪ゼミLIVE 経済・金融の「どうして」を博士がとことん解説」

⇒バックナンバー一覧