ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

二月危機説からバブルまで
中国経済のシナリオを点検

2009年1月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

日本株の行方を左右する中国

 2009年の日本株を考えるうえで、最も重要な要因の1つが中国だ。中国については、「危機」から「バブル」まで幅広いシナリオが考えられるが、これらを紹介しながら日本株への影響を検討してみたい。

 足元の中国経済は「後退」といえる状況だ。世界的な金融危機の影響などにより、昨年11月の輸出は02年2月以来の前年比割れ。また、製造業の景況感を示す購買者指数(PMI)は中立を示す50ポイントを大きく割り込んだ。

 特に労働集約型輸出企業の工場が集積する広東省では多くの工場が閉鎖され、失業が増加しつつある。

 広東省の工場労働者の多くは四川省など内陸部からの出稼ぎであり、解雇された労働者の多くは地元に帰っている。もともとこうした労働者の多くは旧正月(今年は1月26日)の長期休暇中に帰省するため、今回も自分のことを「早めに休みを取った」程度にしか認識しておらず、失業増は大きな社会問題とはなっていない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧