ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
相川俊英の地方自治“腰砕け”通信記

ゾロゾロ出てくる税金「過大徴収」の深い闇

相川俊英 [ジャーナリスト]
【第128回】 2015年2月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

実際の事務を執り行うのは生身の人間
つくばみらい市のあってはならないミス

あってはならない大ミスが発覚したつくばみらい市

 この世にミスを絶対しない人間など、1人として存在しない。どんなに細心の注意を払っていても信じられないような間違いをしでかしてしまうものだ。だからこそ、ミスすることを前提に水際で防ぐ様々な手立てを講じておく必要がある。それでも、ミスを根絶することは不可能だ。それが人間の宿命と言える。

 かくいう筆者も、これまで人に知られたくないような恥ずかしい間違いを重ねてきた。忘れられぬ痛恨のミスと言えば、人物写真の取り違えである。記事の中に隣り合った県の知事おふたりの顔写真を添付したのだが、伝達ミスにより取り違えて掲載してしまったことがある。

 2人の知事はともに中央官庁出身で、容貌や雰囲気が似ていた。極めて地味な点も共通していて、2人とも地元メディア以外に取り上げられることはめったになかった。記者会見や個別取材の場に出てくることも少なく、県民以外で2人の顔写真を見てそれが誰なのかわかる人は、ごく限られていた。

 それで、両知事の顔写真をあえて並べて掲載することにした。もちろん、写真を取り違えたりしないように注意を払った。ところが、情報伝達が不十分だったのか、顔写真と知事名を逆にして掲載してしまったのである。あってはならない重大ミスの発生を知り、茫然自失となった。すでに掲載誌は店頭に並んでおり、取り返しのつかない事態になった。

 大慌てで朝一便の飛行機に飛び乗り、両県庁をお詫びして回った。申し開きができるはずもなく、ひたすら平身低頭して謝罪したのである。そして、恥じ入りながら帰京した。読者からもお叱りや問い合わせ、苦情の電話が寄せられると覚悟していたが、なぜか、そうした電話は1本もこなかった。

 こうした、穴があったら入ってしまいたいほどのミスを続けてきたので、行政がミスを犯したからと言って、「けしからん!」とすぐに金切り声を張り上げるようなことはしない。行政といえども、実際の事務を執り行っているのは生身の人間である。うっかりミスが組織内で見過ごされてしまい、そのまま外に出てしまうことも起こり得る。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

相川俊英 [ジャーナリスト]

1956年群馬県生まれ。放送記者を経て、1992年にフリージャーナリストに。地方自治体の取材で全国を歩き回る。97年から『週刊ダイヤモンド』委嘱記者となり、99年からテレビの報道番組『サンデープロジェクト』の特集担当レポーター。主な著書に『長野オリンピック騒動記』など。


相川俊英の地方自治“腰砕け”通信記

国政の混乱が極まるなか、事態打開の切り札として期待される「地方分権」。だが、肝心の地方自治の最前線は、ボイコット市長や勘違い知事の暴走、貴族化する議員など、お寒いエピソードのオンパレードだ。これでは地方発日本再生も夢のまた夢。ベテラン・ジャーナリストが警鐘を鳴らす!

「相川俊英の地方自治“腰砕け”通信記」

⇒バックナンバー一覧