ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
“世界のノブ”はいかにしてつくられたか?
【第9回】 2015年2月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
松久信幸

NOBUを一瞬で伝えるデザインはいかにして生まれるか(後篇)
日本を発信する「絆」になる、マツヒサ ジャパン

1
nextpage

5大陸30都市へと展開しているNOBUのネットワークは、そのまま日本文化を発信するためのインフラになる。日本の様々な文化が今、NOBUのエクスペリエンスとともに世界へと伝わろうとしている。日本国内に新しい産業を生み、世界との新しいつながりをもたらす「絆」となること。それもまたマツヒサ ジャパンの大きなミッションだ。前回に引き続き、マツヒサ ジャパンの代表取締役・松久純子氏、福本亜紀子氏、そしてNOBU、Matsuhisaオーナーシェフの松久信幸氏に、マツヒサ ジャパンによる、これからの日本文化の発信について語っていただく。(取材・構成:森旭彦)

NOBUを通して世界へ伝える、日本の魅力

――竹の徳利もそうですが、日本から見てもクールであり、海外から見てもクールな演出がNOBUには溢れていますね。こうしたオリジナリティの高いアイデアはどうやって生み出すのでしょうか?

純子 私たちは常にコミュニケーションをしていて、3人はいつも動きまわっています。たとえば父はいつも世界中を飛び回って、いろんな店舗で人に出会って気付きを得ます。また、福本さんは持ち前の前向きな性格を武器に、何より外に出るのが大好きで、マーケティングや営業を積極的に進めます。そうした3人が生み出すシナジーによってアイデアが形になるのです。

また、和食がユネスコの無形文化遺産になったことも手伝って、今、日本のものは世界中に求められています。日本の特産品や、食文化、景観などを、NOBUを通して海外へ紹介するきっかけを生み出していける会社になれるといいなと思っています。

福本 たとえばNOBUで使っている杉箸は、奈良の間伐材を使っています。間伐材とは、山の手入れをする過程で伐採される木々のことです。本来捨てられるものを使っているのですが、この杉箸が「世界一美しい木目」とすら言われているのです。奈良において新しい産業をつくりながら、世界へと紹介し、さらにエコロジーに貢献している。こうした高い付加価値を持つ、ユニークなものこそを、私たちは追求して発信したい。NOBUで使われている竹の徳利についても、佐渡の青竹を使ってハンドメイドでつくってもらっているんです。

ノブ かつて竹の徳利は京都で作っていました。ある時、NOBUで扱っている唯一のお酒、佐渡の「北雪」の醸造元を訪ねた時、僕はたくさんの竹林があることに気がつきました。「今は京都で徳利をつくっているけど、佐渡でつくることはできないか?」――実現すれば佐渡にあるたくさんの竹林が産業になるかもしれないし、さらにNOBUでは、佐渡のお酒を佐渡の竹の徳利で飲むことができる。地元と密接に繋がって、お互いに利益があり、助けあうことができるようなビジネスを考えていくことは、僕たちの大切にしているビジョンですね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


松久信幸(まつひさ・のぶゆき) 

「NOBU」と「Matsuhisa」レストランのオーナーシェフ。1949年、埼玉県で材木商の三男として生まれ、 7 歳の時に父を交通事故で亡くす。14 歳の時に兄にはじめて連れていってもらった寿司屋でその雰囲気とエネルギーに魅了され、寿司職人になると心に決める。東京の寿司屋での修業後、海外に出てペルー、アルゼンチン、アメリカでの経験を基に、和をベースに南米や欧米のエッセンスを取り入れた NOBUスタイルの料理を確立した。 1987年、アメリカ・ロサンゼルスにMatsuhisaを開店。ハリウッドの著名人たちを魅了し大人気となる。1994年、俳優ロバート・デ・ニーロの誘いに応えNOBU New Yorkを開店。さらに、グローバルに展開し次々と店を成功に導く。2013年4月、ラスベガスにNOBU Hotelをオープン。2014年現在、5大陸に30数店舗を構え、和食を世界の人々に味わってもらおうと各国を飛び回っている。 主な著書に、『Nobu the Cookbook』『nobu miami THE PARTY COOKBOOK』(以上、講談社インターナショナル)、『nobu』(柴田書店)、『NOBUのすし』(世界文化社)などがある。


“世界のノブ”はいかにしてつくられたか?

約40年前、包丁1本で海を渡った料理人が、今や世界五大陸に三十数店のレストランとホテルを展開、レストランだけで年間のべ200万人以上が来店、2013年クリスマスのグーグル検索数がレストラン部門のトップという世界でもっとも有名なオーナーシェフになった。“世界のノブ”と言われる松久信幸は、日本人としての感性を貫きながら、いかにしてグローバルに成功を収めたのか? 対談やインタビューで浮き彫りにしていく。 

「“世界のノブ”はいかにしてつくられたか?」

⇒バックナンバー一覧