ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
問題解決ラボ――「あったらいいな」をかたちにする「ひらめき」の技術
【第3回】 2015年3月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐藤オオキ [デザインオフィスnendo代表]

iPhoneのヒットは「4つの階層」で読み解ける!
「誰からも愛される商品」をつくるために身につけたい思考法

1
nextpage

ロッテ、エステーなどの日本企業から、コカ・コーラ、ルイ・ヴィトンなどの欧州名門ブランド、さらには「箸」や「桶」の伝統工芸職人まで――文字通り世界中から「引っ張りだこ」のデザイナー、佐藤オオキ。常時300超の案件を同時進行で解決するその「問題解決力」を初めて明かした『問題解決ラボ』から、選りすぐりの「ひらめき」の技術を全5回で紹介します。「ユーザーを知ろう」とは、モノづくりやアイデア出しの際によく言われますが、そのために役立つ「4つの階層」とは?

【1】
「美味しいデザイン」と「まずいデザイン」の見分け方

 たまにテレビをつけると、便秘解消系のお茶やサプリメントのCMが多いことに驚きます。おじさん、おばさんが笑顔で「ドッサリ出ました」って、そんな報告聞きたくないですよ、ほんとに。「かに玉」のCMがその直後に流れても、さすがに食欲をそそりません。

佐藤オオキ
デザイナー。デザインオフィスnendo代表。1977年カナダ生まれ。2000年早稲田大学理工学部建築学科首席卒業。2002年同大学大学院修了後、デザインオフィスnendo設立。「小さな“!”を感じてもらうこと」をコンセプトに、東京・ミラノ・シンガポールを拠点として、建築・インテリア・プロダクト・グラフィックと多岐にわたってデザインを手掛ける。
Newsweek誌「世界が尊敬する日本人100人」(2006年)、「世界が注目する日本の中小企業100社」(2007年)に選ばれる。また、Wallpaper*誌(英)およびELLE DECO International Design Awardをはじめとする世界的なデザイン賞を数々受賞。2015年にはMaison et Objet(仏)にて「Designer of the Year」を受賞。代表的な作品は、ニューヨーク近代美術館(米)、ヴィクトリア&アルバート博物館(英)、ポンピドゥー・センター(仏)など世界の主要な美術館に収蔵されている。2012年から早稲田大学非常勤講師。
写真:©Toru Hiraiwa for Pen Magazine

 ところで、デザインにも「美味しそうな形」と「まずそうな形」があると思います。私たちは果物や野菜を選ぶとき、無意識に形や肌合い、傷み具合などからその味をある程度予測しています。これを応用すれば、工業製品のデザインについても、素材や色や膨らみのある形状など、「鮮度」の高さをユーザーにアピールすることで、生き生きとしたものが生まれるんじゃないか、と思うわけです。

 2010年、「スリー(THREE)」という化粧品ブランドの立ち上げ時にパッケージをデザインしたことがあります。化粧水や乳液などのスキンケアアイテムから、リップやファンデーション、アイシャドーといったメークアイテムまで、かなりの数を手掛けたのですが、これらの多種多様なものを棚に並べたときに、ピシッと揃うような寸法にすることで、「凜とした」佇まいを持たせようと考えました。

 というところまではよかったのですが、出来上がった試作品を見たら、どこか「まずそう」な印象に……。

 そこで角にわずかな丸みを帯びさせたり、しっとりとした触感のあるラバー塗装を施したり、平らな面を微妙に膨らませたりしてみました。すると、「きれい」「カッコイイ」といった声だけでなく、ユーザーから「手に馴染む」「持ち心地がよい」といった評価もいただけました。

自然界には「平滑な面」はほとんど存在しないので、人間本来の知覚能力を混乱させ、不安な気持ちにさせるのかもしれません。いわば、キューブリックのSF映画「2001年宇宙の旅」のモノリス(人工物の黒い石柱)登場でテンパったサルみたいなもんです。

 さらに言うと、人間の目には平らな面が多少「凹んで」見えるらしく、凹んでいるものは「傷んでいる」と感じるので、そもそも「まずそうな形」だったのでは、と思ったのです。

 考えれば考えるほど、こういった「美味しい」デザインの可能性はまだまだ広がりそうです。近々、かに玉が抜群に美味しく見えるような便秘解消薬のCMのデザインを考えてみようと思います。……もちろん、うそです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


佐藤オオキ [デザインオフィスnendo代表]

デザイナー。デザインオフィスnendo代表。
1977年カナダ生まれ。2000年早稲田大学理工学部建築学科首席卒業。2002年同大学大学院修了後、デザインオフィスnendo設立。「小さな“!”を感じてもらうこと」をコンセプトに、東京・ミラノ・シンガポールを拠点として、建築・インテリア・プロダクト・グラフィックと多岐にわたってデザインを手掛ける。
Newsweek誌「世界が尊敬する日本人100人」(2006年)、「世界が注目する日本の中小企業100社」(2007年)に選ばれる。また、Wallpaper*誌(英)およびELLE DECO International Design Awardをはじめとする世界的なデザイン賞を数々受賞。2015年にはMaison et Objet(仏)にて「Designer of the Year」を受賞。代表的な作品は、ニューヨーク近代美術館(米)、ヴィクトリア&アルバート博物館(英)、ポンピドゥー・センター(仏)など世界の主要な美術館に収蔵されている。2012年から早稲田大学非常勤講師。
著書に『問題解決ラボ』(ダイヤモンド社)、『ネンドノカンド』(小学館)、川上典李子氏との共著に『ウラからのぞけばオモテが見える』(日経BP社)がある。
ホームページ:www.nendo.jp


問題解決ラボ――「あったらいいな」をかたちにする「ひらめき」の技術

ロッテ、エステーなどの日本企業から、コカ・コーラ、ルイ・ヴィトンなどの欧州名門ブランド、さらには「箸」や「桶」の伝統工芸職人まで――文字通り世界中から「引っ張りだこ」のデザイナー、佐藤オオキ。常時300超の案件を同時進行で解決するその「問題解決力」を初めて明かした『問題解決ラボ』から、選りすぐりの「ひらめき」の技術を全5回で紹介します。

「問題解決ラボ――「あったらいいな」をかたちにする「ひらめき」の技術」

⇒バックナンバー一覧