ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『週刊ダイヤモンド』特別レポート

プログラミング女子を世界に増やす!
IT大国フィンランドから舞い降りた美人伝道者

――リンダ・リウカス(レイルズガールズ創始者)インタビュー

週刊ダイヤモンド編集部
2015年3月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

フィンランドは、2000年代に世界一を連続して取った教育大国、そして携帯電話の元王者ノキアを生み出したIT大国(IT競争力世界一)としても知られる。

そんなフィンランドでは、プログラミングが、2016年から小学校の義務教育となる。世界中の女性にプログラミングを伝授するリンダ・リウカスさんに話を聞いた。(「週刊ダイヤモンド」編集部 泉秀一)

※詳細は「週刊ダイヤモンド」3月14日号「北欧に学べ なぜ彼らは世界一が取れるのか」に掲載。

華麗なる伝道者、日本に降臨

Photo by Hidekazu Izumi

――どのような活動をされているのですか?

 女の子にプログラミングを学んでもらうために、「レイルズガールズ」という女性向けのプログラミングワークショップを開催しています。これまで、プログラミングというと男性のイメージが強かったのですが、実は、女性でも興味を持っている人が多いのです。

 しかし、興味を持っていてもなかなか1人でプログラミングを始めるのは難しい。そんな人たちが、レイルズガールズをきっかけに、プログラミングを学び始めてくれればと思っています。

 レイルズガールズは、今までに世界227の都市で開催し、1万人以上が参加する規模に成長しました。参加者の年齢は16歳から60歳まで幅広く、医者や幼稚園の先生など、職業もさまざまです。日本でも開催し、プログラミングを始める日本人女性も多いですよ。

――リンダさんがプログラミングを学び始めたきっかけは?

 私がプログラミングの勉強を始めたのは、13歳の時でした。実は当時、アメリカの副大統領だったアル・ゴア氏に夢中で、彼の魅力を友人に伝えたかったのです。しかし、私の回りに興味を示してくれる友人はいませんでした。

 そこで、私は独学でプログラミングを勉強し、他に私と同じ興味を持つ人を探すべく、ゴア氏を応援するウェブサイトを作ったのです。その後、スタンフォード大学での留学中にRubyというプログラミング言語を本格的に勉強し、レイルズガールズを立ち上げるに至りました。

――難解なプログラミングをどのようにして教えているのですか?

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


『週刊ダイヤモンド』特別レポート

『週刊ダイヤモンド』編集部厳選の特別寄稿と編集部による取材レポートを掲載。本誌と連動した様々なテーマで、経済・世相の「いま」を掘り下げていきます。

「『週刊ダイヤモンド』特別レポート」

⇒バックナンバー一覧