ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『週刊ダイヤモンド』特別レポート

嵐にEXILE、少女時代…
スウェーデン音楽家が世界の作曲を牛耳る理由

週刊ダイヤモンド編集部
2015年3月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ポール、ジョンに次ぐ
世界3位の作曲家

 ジョン・レノン、ポール・マッカートニーといえば、誰もが知るビートルズのメンバーだ。彼らは今も、シングルヒットチャートで世界1位を記録した曲数で、トップ2に君臨する。

マックス・マーティンは2015年2月の第57回グラミー賞で年間最優秀プロデューサー賞に輝いている
Photo:REUTERS/AFLO

 では、世界3位は誰か?

 マックス・マーティン。名前だけを聞いてもピンと来ない人が多いかもしれないが、今をときめくスウェーデン人作曲家だ。1990年代以降、ブリトニー・スピアーズからケイティ・ペリー、テイラー・スウィフトに至るまで、米国のグラミー賞受賞級の大人気歌手に曲を提供し、ついに大御所2人の後に付けたのだ。

 実は、日本ではあまり知られていないが、スウェーデンは音楽輸出で世界3位の作曲家大国だ。

 欧米だけでなく、今や世界中を席巻し、日本や韓国の人気歌手の作曲を、どんどんスウェーデン人が担当するようになっているのだ。

 日本でも、人気グループ向けの作曲は「スウェーデン人なしでは成り立たない」(音楽関係者)ほど。

 例えば、ジャニーズグループの嵐のアルバムを開けば、作曲家欄にスウェーデン人の名前が連なっているのがひと目で分かる。また同様に、EXILE系のグループでもスウェーデン人作曲家は増加している。韓国でいうと、少女時代などSMエンターテインメント系のグループが多くスウェーデン作曲家に任せているという。

 とはいえ、なぜこれだけ、日本で、スウェーデンの作曲家が重宝されるのか。

 ある日本の人気作曲家は「彼らは日本人が好きなAメロ、Bメロ、サビといった曲の展開や、日本に歌謡曲に通じる哀愁のあるメロディーを作るのが非常にうまい」と指摘する。

 また、スウェーデンは、冬の夜が寒くて長く「とにかく家にこもって音楽に長い時間接して曲を作り込める」といい、曲の作り込みが優れているのだという。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


『週刊ダイヤモンド』特別レポート

『週刊ダイヤモンド』編集部厳選の特別寄稿と編集部による取材レポートを掲載。本誌と連動した様々なテーマで、経済・世相の「いま」を掘り下げていきます。

「『週刊ダイヤモンド』特別レポート」

⇒バックナンバー一覧