ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

それでも単独では生き残れない
サッポロ・ポッカ連合の次の一手

週刊ダイヤモンド編集部
2009年8月25日
著者・コラム紹介バックナンバー

 ビール系飲料大手のサッポロホールディングスは8月14日、飲料大手のポッカコーポレーションとの資本提携を発表した。

 サッポロは約100億円を投じ、ポッカの発行済み株式の約21.65%を取得。これにより、商品の共同開発や自動販売機の相互乗り入れを行ない、競争力強化を図る、としている。

 だが、両社の提携を脅威と受け止める業界関係者は多くない。

 というのも、飲料業界においては、サッポロ・ポッカ連合は単なる弱者連合で、次の再編に踏み切らない限り生き残れないと見られているからだ。

 2005年から08年までの3年間でサッポロ飲料の販売量は26%減、2350万ケースにまで落ち込んだ。5万台しかなかった自販機は3万台に減り、もはや壊滅状態。シェアもポッカとJTに抜かれ、総合飲料メーカーではどん尻の12位である。

 かたやポッカは投資ファンドのアドバンテッジパートナーズと組んでMBO(経営陣による自社買収)に踏み切ったが、業績は振るわず、目指していた今年3月の再上場は延期となった。

 サッポロとポッカが連合を組んでも自販機12万台、シェア3.2%(業界7位)で、大手5社の半分にも満たない。

 ちなみに、清涼飲料業界2位のサントリーの販売量は3億1850万ケース、自販機は44万台。販売量でサッポロ・ポッカ連合の5.9倍、自販機で3.6倍の大差がついている。サントリーとキリングループの経営統合が実現すれば、この差はさらに広がる。

 では、サッポロ・ポッカ連合が次にどこと組むのか。有力候補として名前が挙がっているのは、同じく飲料事業で苦戦しているJTと乳業・製菓大手の明治ホールディングス。明治はポッカの筆頭株主であり、飲料事業の提携をテコにして、親会社同士の提携にまで持っていけるのか。食品業界再編の次の焦点はそこへ移る。

(『週刊ダイヤモンド』編集部 小出康成)

週刊ダイヤモンド

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月28日号 定価710円(税込)

特集 劇変世界を解く 新地政学

世界史の大転換が始まる

【特集2】
銀行界も戦々恐々
コンビニATM戦争

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧