ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
IT&ビジネス 業界ウォッチ Special
2015年3月27日
著者・コラム紹介バックナンバー

なぜ、店舗間の連携にムダが多いのか?
――流通業の課題は尽きることがない――
リコー

「多店舗」経営の難しさ

 流通多店舗ビジネスにおいて、体力のある大手は、いまだ大型店舗で広い商圏から多くの顧客を集めることができます。しかし、少子超高齢社会で単身世帯が増えている今、商圏も店舗も小さく、きめ細かく対応しながら、商品やサービスの顧客満足度を上げ、ブランド力強化によって業績アップを図ることが重要になってきています。

 そのためには、コストの削減や人材教育の強化が必要です。

 現状、多店舗間で効果があるノウハウや情報をいち早く共有し、店舗運営に反映するには、各拠点での会議や出張などで移動時間や出張費が掛かり、店舗数を増やせば増やすほどコスト増の負のスパイラルに陥りがち。また、スーパーバイザーの担当店舗が多くなれば、各店舗への目配りも行き届かなくなることでしょう。

本社・多店舗間をダイレクトにつなぐ

 そうした問題を解決するのが、リコーが提供する「いつでも」「どこでも」「リアルタイム」のコラボレーションツールです。

 インターネット経由で、映像や音声をやり取りできるコンパクトな機器で、テレビ会議のような遠隔コミュニケーションが可能になります。

 しかも、同社の機器は「誰もが安心して使える」のが基本コンセプト。社内で共有するコピー機のようにICTスキルのない人でも簡単に使えます。

 実際に、コストや時間の無駄を減らすために同社の機器を導入して、出張コスト2000万円と移動時間の削減に成功した企業もあります。

 また、離れた拠点間で同時に勉強会やミーティングを一度に実施することで、情報共有がスピードアップし、的確な指示や指導で、売上アップにつなげた例も。

 つまり、コストを削減しながら、多店舗間をダイレクトにつなぐツールであれば、ブランド力を高めつつ組織力を高めて競争に勝ち抜いていくことが可能になるのです。では、具体的にどうすればいいか……。

「本社と多店舗間の連携を密にして
情報やノウハウを素早く共有」
などを
実現する方法の詳細は
以下のPDFでお読みいただけます。

資料ダウンロードのご案内

IT時代、グローバル時代のパフォーマンス向上に最も影響するのは「コミュニケーション・情報共有」であることを経営者は十分認識しているが、口で言うだけでは現場の行動は変わらない。変えたいのであれば、「変わらざるをえない」環境の整備が必要である。

多店舗ビジネスの業務効率アップ【流通業の問題解決】

ニーズの多様化、ライフスタイルの変化といった社会的状況に加え、価格競争や流通チャネルの多様化などによって、流通多店舗ビジネスは厳しい競争に晒されている。その中でいかに市場競争に勝ち抜き、業績を上げていくか。なかなか実現できない「業務効率化」に、一つの秘策がある。

ダイヤモンド・オンライン
登録済(会員)の方は
こちらからお進みください

ログインで一部項目の登録が省略できます
※情報の修正や追加を行った場合は登録内容が更新されます。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、株式会社リコー(同社のプライバシーポリシーはこちら)に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。
ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら

DOLトップへ
underline
お問い合わせ先

株式会社リコー

〒104-8222

東京都中央区銀座8-13-1

リコービル

TEL:050-3786-3999(お客様相談センター)




IT&ビジネス 業界ウォッチ Special

IT業界で話題の新サービス・新製品のニュース、これから話題になりそうな新ツール、知っておきたい各種の統計調査……などなど、経営効率化に寄与するIT業界の今のうごきをレポートします。

「IT&ビジネス 業界ウォッチ Special」

⇒バックナンバー一覧