ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
100才までゴルフbyダイヤモンドQ

一部上場企業勤務でないとダメ?!
名門ゴルフコースの会員になる方法

ダイヤモンドQ編集部
【第7回】 2015年4月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

名門コースの会員になるにはお金を積みさえすればいいわけではない。入会書類審査、面接だけでなく、メンバー同伴プレーが必要なことすらある。『ダイヤモンドQ』編集部が、入会流れとノウハウを紹介しよう。 

 名門コースの会員になる最初の関門は、入会書類審査だ。

 通常、加入できる年齢は明記されているが、職業については、明文化されていない。しかし、実際のところ、神奈川県内の某有名コースでは、1部上場企業の社員や役員でないと駄目、というのは業界では有名な話。一部の名門コースでは、「気風に合わない」などの理由で落とされることもある。コースによって状況は異なるので、既存会員か、会員権業者に確認するのがいいだろう。

 また名門コースは、2人程度の既存会員の紹介が必要なケースが多い。会員数が少ないコースだとこれがネックになる。廉価なコースでは会員権業者が便宜的に紹介者になることが可能だが、名門コースになるほど、本当に親しい友人であることを証明する必要があるという。

 次にハードルとなるのが入会面接だ。面接なんて入社試験以来という人にとっては、理事長や支配人などの圧迫面接で落とされるのでは・という不安が湧くかもしれない。

バンカーに高い所から入るのはマナー違反。気を付けよう。(イラスト=ゲーリー久永)

 しかし実際のところ、「面接自体はそれほど心配する必要はない」と桜ゴルフの追崎昌宏・店頭営業部副部長は言う。

 「新規メンバーの面接は、入社試験のような落とすための面接ではないので、心配する必要はありません。年齢や職業などの条件は、面接以前の入会書類審査の段階でチェックしているので、面接は形式的な場合がほとんどです。人と面談する際に考慮すべき一般的な常識さえ守っていれば大丈夫です」

 とはいえ、面接で気を抜いていいわけではない。喫煙や足を組むなどといった常識的なマナー違反がNGなのはもちろん、埼玉県の某名門では、「髪をグレーに染めたらちょっと紫がかっていたらしく、染め直してこいと言われた」という例もある。

次のページ>> 同伴プレーの注意点
1
nextpage

「ゴルフ」についてもっと知りたいなら、
実用ライフスタイル誌ダイヤモンドQをどうぞ!

あなたのQuestionにズバッと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。
健康、家族、趣味など、50代以上のミドル・シニア層に対して、
ランキングや骨太の記事で、「知りたい」欲求を満足させます。

2015年5月号 好評発売中(税込780円)

2015年5月号

第1特集「100才までゴルフ」
仲間と一緒に、100才までゴルフをエンジョイしよう

第2特集「日本のベストホテル&旅館」
アマン東京、加賀屋、俵屋旅館など、話題の情報を満載

巻頭インタビュー石田純一
「人生これからが本番!」
還暦を過ぎてなお若々しく、理想に向けて走り続ける男の神髄とは

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

ダイヤモンドQ編集部

あなたのQuestionにズバっと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。保育園選び、学校選び、病院選び、老人ホーム選びなど、人は人生の節目で重要な決断をしなければなりません。ダイヤモンドQは、ランキングやエッジの聞いた骨太の記事であなたの「知りたい」に答えていきます。詳しくはホームページ[http://www.diamond.jp/gr/q]をご覧ください。


100才までゴルフbyダイヤモンドQ

“生涯スポーツ”と言われるゴルフ。仲間と楽しみながら健康を増進して、100才までプレーできたら本望だ。そのためのゴルフ場選び、ギア選びなどを余すとこなくお伝えする。

「100才までゴルフbyダイヤモンドQ」

⇒バックナンバー一覧