ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層

日本株がバブルではなく
まだ回復の途上にある理由

――高田創・みずほ総研チーフエコノミスト

高田 創 [みずほ総合研究所 常務執行役員調査本部長/チーフエコノミスト]
2015年4月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

本当にバブルなのか?
日本株2万円の持つ意味

一時2万円を突破した日本株は、世間で言われるように、本当に「バブル状態」にあるのか?
Photo:カシス-Fotolia.com

 今年4月、日経平均株価が15年ぶりに一時的ながら2万円を回復したことが話題になった。確かに2万円は象徴的な水準であるが、1989年のバブルのピーク時につけた4万円近い水準からは依然大きな差がある。

 むしろより重要なのは、時価総額ではバブルピークの590兆円に近づいてきたことと考えてきた。2015年4月18日時点の東証一部の時価総額は576兆円であり、過去のピークとなった1989年の水準が視野に入るまでになってきた。

 今回の株価上昇をめぐる環境で重要なのは、日本株だけでなく世界中の株式市場が堅調なことであり、欧州は史上最高値を更新し、米国も目先もみ合いながらも史上最高値圏にあることだ。また、中国の株式市場も大幅な上昇が続いており、日本株が単に2万円をつけたことよりも、むしろ世界の環境のなかにおける相対的な立ち位置を考えた方が建設的だろう。

日本株は「失われた3年」
からの戻りに過ぎない

 図表1は日本株と欧米株式市場を比べたものである。日本株は欧米の株式市場と長らく連動が続いたが、2009年9月の政権交代で連動が大きく崩れ、海外投資家から日本株が全く見放された「失われた3年」が生じていた。

(資料)Bloomberg
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高田創 [みずほ総合研究所 常務執行役員調査本部長/チーフエコノミスト]

たかた はじめ/1958年生まれ。82年3月東京大学経済学部卒業、同年4月日本興業銀行入行、86年オックスフォード大学修士課程修了(開発経済学)、93年審査部、97年興銀証券投資戦略部、2000年みずほ証券市場営業グループ投資戦略部長、06年市場調査本部統括部長、チーフストラテジスト、08年グローバル・リサーチ本部金融市場調査部長、チーフストラテジスト、11年より現職。『銀行の戦略転換』『国債暴落』『金融市場の勝者』『金融社会主義』など著書も多い。


経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層

リーマンショック後の大不況から立ち直りつつあった日本経済の行く手には、再び暗雲が立ち込めている。留まることを知らない円高やデフレによる「景気腰折れ不安」など、市場に溢れるトピックには、悲観的なものが多い。しかし、そんなときだからこそ、政府や企業は、巷に溢れる情報の裏側にある「真実」を知り、戦略を立てていくことが必要だ。経済分析の第一人者である熊野英生、高田創、森田京平(50音順)の4人が、独自の視点から市場トピックの深層を斬る。

「経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層」

⇒バックナンバー一覧