ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営幹部養成学校――エリートリーダーは経営学を使って会社を動かす
【第4回】 2015年6月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
高山信彦 [株式会社イナクト代表取締役]

経営学には「4つ」の種類がある(前篇)

1
nextpage

人材育成と事業変革を同時に達成する「伝説の研修」で多くの幹部人材を輩出してきたコンサルタントの高山信彦氏が、次世代の幹部人材になるための要諦を説く連載。第4回は、経営学の基本となる4つの学派について解説する。

経営学の4つの戦略学派

 第2回の連載で紹介した「経営戦略の構造図」にもありましたが、ここでは4つの戦略学派について解説します。

 以下の図をご覧ください(出典 青島矢一、加藤俊彦著『競争戦略論』)。

 これは、世に数多ある経営戦略論を分類する概念図の一つです。

 経営戦略論の歴史は意外と浅く、多くは1950年代に誕生しました。

 縦軸として大きく2つ、「外側重視派」(外部環境:競争相手や顧客を重視する派)と「内側重視派」(内部環境:経営資源を重視する派)に分かれます。

 横軸も大きく2つ、外や内での成功要因をロジカルに突き詰めていく「要因重視派」と、外や内での時間的経過の中でダイナミックなプロセスを重視する「プロセス重視派」に分かれます。

 経験的に言うと、縦軸の「外側重視派」と「内側重視派」は理解しやすいですが、横軸が理解しにくいようです。

 論理的だが静止画的な限界がある「要因重視派」と、時間を追える動画的な良さがあるけれど論理が曖昧になりがちな「プロセス重視派」と覚えてください。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


高山信彦 [株式会社イナクト代表取締役]

1956年山口県生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、富士ゼロックス株式会社に入社。
在職中の 87年~88年に慶應義塾大学大学院経営管理研究科に派遣され経営学修士号(MBA)を取得。91年に「株式会社イナクト」を設立し、同社代表取締役に。
以来、一貫して選抜人材を対象とした企業内ビジネススクールを企画・運営の仕事をする。経営学の基本概念を習得させたあと、経営戦略の策定から実践にまで至るその研修スタイルが、多くの企業から絶大な支持を得ている。東レ、JR西日本、みずほフィナンシャルグループ、商船三井、全日空、パナソニック電工、住友重機械、ツネイシホールディングス、サンデンなどの大手・中堅企業等で、20年以上にわたって、のべ5000人以上の生徒を教える。その多くで経営トップのコミットのもと、将来の幹部候補生たちが「経営学」を武器として身につけ、会社の方向性そのものを変えていくような人材に育つのをサポートしてきた。人材育成を通じて事業変革を行える稀有なコンサルタント。
著書に『経営学を使える武器にする』(新潮社)がある。


経営幹部養成学校――エリートリーダーは経営学を使って会社を動かす

「二度と受けたくない。でも、受けて本当によかった」――。東レ、JR西日本、みずほフィナンシャルグループ、商船三井、全日空、パナソニック電工、住友重機械、古河電工、シスメックス……。人材育成と事業変革を同時に達成する「伝説の研修」で多くの大企業を変革してきたカリスマ講師が、次世代の経営幹部になるために必要な「本当に使える経営学」の身につけ方をレクチャーする。

「経営幹部養成学校――エリートリーダーは経営学を使って会社を動かす」

⇒バックナンバー一覧