ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
シンプルに考える
【第14回】 2015年6月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
森川亮

【南場智子×森川亮 特別対談(3)】
「たかがビジネス、おおらかにやってやれ!」

1
nextpage

LINE(株)CEOを退任後、C Channel(株)を立ち上げた森川亮さんの初著作『シンプルに考える』の発刊を記念して、(株)ディー・エヌ・エー創業者である南場智子さんとのトークセッションが行われた。テーマは「結果を出す人の思考法~すごい人はなぜ、すごいのか?」。南場さんのベストセラー『不格好経営』『シンプルに考える』から引用した言葉をもとに語り合っていただいた。(この連載は、6月4日に東京カルチャーカルチャーで行われた対談イベントのダイジェスト版です。構成:田中裕子)

未来が不確実だからこそ、
可能性は無限大

 ――『シンプルに考える』には、「未来が不確実だからこそ、可能性は無限大と信じる」という言葉があります。私たちは未来が見えないことを恐れてしまいがちですが、そうではない、ということですよね?

森川 日本人は、先が見えないことをとにかく非難します。「未来がわからない」とか、「社長のビジョンが不透明だ」とかね。でも、そんなこと、どうだっていいんです。大切なのは、自分がどう考えるか。そして、どう行動するか。その結果として未来ができあがるんですから。

南場 そうだよね。

森川 未来が決まってないということは、なんでもできるということでしょう。そのくらいの気持ちで生きていかないと、会社がすごくても、日本がすごくても、個人としてはダメになってしまうと思うんですよね。

南場 おっしゃるとおり。でも、上場していると、IRで「将来像が見えない」と言われることも多いんですよ。正直に言ってしまえば、これだけスピードが速くなっている時代に見えるはずないんですよね。伝統的な会社だと、当たり前に五ヵ年計画とかあるでしょ。私たちの業界に、そんなのありえないじゃない。ちょっと先の未来ですらさっぱりわからないのに(笑)。

森川 そうですね。だから、いまやるべきは、足下の業績が伸びないからとコストを削って利益を出すことではありません。そんなことよりも、少しでも成長して五年後の未来をつくり出すことのほうが、ずっと大事なんです。

南場 我々にとっては、未来が見えないことはわくわくすることであって、不安ではないんだよね。

――森川さんは『シンプルに考える』で、「人生には『まっすぐな道』があると思っていた」と書かれています。森川さん自身だいぶ考え方が変わったように思いますが、きっかけは何かあったのですか?

森川 仕事が思い通りにならなかったからでしょうね。学生時代までは、極端に言えば嫌なことはしなくても生きていけるじゃないですか。でも、仕事は「イヤ」なんて言っていられない。プロとして、イヤなことでもやらないといけません。
 新卒で就職した日本テレビで、ほんとうは音楽の仕事をやりたかったのに、財務システムの開発担当に配属されたんです。やりたいことの真逆ですよ。嫌だけどがんばらないといけない日々のなか、「人生とはなにか?」「仕事とはなにか?」と考えるようになりました。あのときやりたいことをやれていたら、あまり深く考えずに大人になっていたかもしれません(笑)。

――そういう意味では、思い通りにいかないことは早めに経験したほうがいいのかもしれませんね。

森川 そうですね。LINE(株)のときは、まさにうまくいかなかったときの経験が成功の種になりましたから。僕たちはパソコン向けのオンラインゲームで成功したんですが、ガラケーが登場したときに、ガラケーに振り切ることができずに失敗した。だからこそ、スマホが登場したときにスマホに振り切ることができたんです。
 NAVERでやっていた検索事業も、グーグルにはどうしたって追いつかなかった。だから、別軸でアイデアを出してLINEが生まれた。人生もビジネスも、うまくいくときもあればいかないときもある。ただ、うまくいかないことが次の「うまくいく」につながるような生き方ができればいいな、と思うんです。そうでなければ、いまのLINEもなかったわけですから。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


森川亮 

1967年神奈川県生まれ。1989年筑波大学卒業後、日本テレビ放送網に入社。幼少時から一貫して音楽を続けてきたこともあり、音楽番組の制作を希望するもコンピュータシステム部門に配属。本格的にコンピュータを学ぶ。インターネットの登場に刺激を受け、ネット・ビジネスに傾倒。ネット広告や映像配信、モバイル、国際放送など多数の新規事業立ち上げに携わる。仕事のかたわら青山学院大学大学院にてMBAを取得。2000年にソニー入社。ブロードバンド事業を展開するジョイントベンチャーを成功に導く。2003年にハンゲーム・ジャパン株式会社(後にNHN Japan株式会社、現LINE株式会社)入社。4年後には日本のオンライン・ゲーム市場でナンバーワンとなる。2007年に同社の代表取締役社長に就任。2015年3月にLINE株式会社代表取締役社長を退任、顧問に就任。同年4月、動画メディアを運営するC Channel株式会社を設立、代表取締役社長に就任した。


シンプルに考える

「あれも大事、これも大事」と悩むのではなく、「何が本質なのか?」を考え抜く。そして、本当に大切な1%に100%集中する。シンプルに考えなければ、何も成し遂げることはできない――。LINE㈱CEO退任後、注目の経営者がはじめて明かす「仕事の流儀」!

「シンプルに考える」

⇒バックナンバー一覧