ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
プロフェッショナル・リーダー――難局を突破する「9つのスキル」
【第3回】 2015年6月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
野田努 [アリックスパートナーズ日本共同代表]

危機意識とスピード感こそが
リーダーの実行力を高める
高家正行氏×野田努氏対談【前編】

1
nextpage

プロ経営者として5年以上の間ミスミグループ本社の代表取締役社長等を務めてきた高家正行氏と、今年5月に『プロフェッショナル・リーダー』を上梓したアリックスパートナーズ日本共同代表の野田努氏。それぞれ経営プロフェッショナルと企業再生プロフェッショナルとしての立場から、今の日本企業に求められるリーダー像を語り合ってもらった。(構成:谷山宏典)

グローバルに通用するリーダーが
日本企業に不足している

野田 高家さんが2014年まで代表取締役を務めたミスミグループ本社は、海外企業の買収など積極的なグローバル展開で業績を伸ばしてきました。ご自身の経験を踏まえながら、日本企業が直面している課題について見解をお聞かせいただけますか。

高家正行(たかや・まさゆき) 1985年慶應義塾大学経済学部卒業。三井銀行、A.T.カーニーを経て、2004年ミスミグループ本社に入社。経営統合した駿河精機(当時東証2部)の社長等を務め、08年ミスミグループ本社の代表取締役社長に就任。社長在任中には、北米金型メーカーの買収等も手掛ける。その後代表取締役副会長、顧問を経て15年3月退任。現在アリックスパートナーズ・シニアアドバイザー。

高家 日本企業と一括りにするのはやや乱暴ですが、それでもグローバル展開は必須の状況になっています。既存事業における日本市場の成長力は限られていて、伸びしろは海外、とくに新興国が大きいことは明らかです。

野田 たしかに国内市場は伸びしろが限定されていますね。一方で、キャピタルマーケットをはじめとしたステークホルダーからは、欧米企業と遜色のないレベルでの収益力と成長が求められている。となると、海外市場に打って出ないことには対応できない。この流れはますます加速していくのではないでしょうか。

高家 ただ、日本企業にとってグローバル展開は喫緊のテーマではあるものの、課題もあります。ひとつには、グローバル展開を担う人材です。新商品を開発したり、新事業を立ち上げたりするのに比べても、特にグローバルに通用するリーダーを育てるには時間がかかります。ゼロから社内で育てるには、5年、10年は必要です。

また、グローバルに会社を経営していく仕組みづくりも、日本の企業はまだまだ十分ではありません。たとえば、本社集権経営で行くのかそれとも分権経営で行くのか、という意思決定の仕組みやガバナンス体制とか。そのあたりのことは野田さんのほうがよくご存じですよね。

野田 本社集権経営って、アメリカの企業に比較的多いですよね。買収した海外企業に対して、本社がこと細かに指示を出して、徹底してコントロールしていく。一方、ヨーロッパの企業はわりとローカライゼーション戦略をとっています。世界各国の傘下企業に適度に権限を委譲して、ゆるくグローバルの統治をしている。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


野田努 [アリックスパートナーズ日本共同代表]

アリックスパートナーズ マネージングディレクター、日本共同代表。
慶応義塾大学経済学部卒業、ハーバード・ビジネス・スクール経営学修士(MBA)取得。日本長期信用銀行、マッキンゼー・アンド・カンパニー、KPMG、ユニゾン・キャピタルを経て、2007年よりアリックスパートナーズに参画し、現在日本共同代表。クロスボーダーM&A等に関する講演、パネリスト経験多数。著書に最新刊『プロフェッショナル・リーダー』(ダイヤモンド社刊)がある。


プロフェッショナル・リーダー――難局を突破する「9つのスキル」

企業を取り巻く環境がめまぐるしく変わる現在では、経営トップのみならず、部門やチームを束ねるリーダーが企業の浮沈のカギを握る。いま求められるのは、これまで日本企業が踏襲してきた平時のリーダーではなく、まさに有事に対応できるリーダーである。新刊『プロフェッショナル・リーダー』を上梓した著者が、自身の豊富な企業改革の経験をもとに、日本企業に必須となるリーダー人材の条件を明かす。

「プロフェッショナル・リーダー――難局を突破する「9つのスキル」」

⇒バックナンバー一覧