ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
“伝説の外資トップ”新将命 特別対談 次世代リーダーと語る「ビジネスの原理原則」
【第3回】 2013年6月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
新 将命 [株式会社国際ビジネスブレイン代表取締役社長]

グローバルに活躍できる人財・企業になるために
経営者、組織を率いるリーダーが
身につけておくべきこと
【対談】新将命×徳重徹――グローバルリーダーの原理原則

1
nextpage

ジョンソン・エンド・ジョンソン、コカ・コーラ、フィリップス、住友商事(アドバイザリー・ボード・メンバー)などグローバル・エクセレント・カンパニーでトップマネジメントを務めてきた新将命氏が、次世代の世界、次世代の日本を担う若手経営者を迎え、世界とわたり合えるグローバルリーダーとなるための原理原則について語り合います。
今回のお相手は、電動バイクの国内トップメーカーで中国、フィリピンなどアジアにも展開するテラモーターズ株式会社代表取締役の徳重徹氏です。

日本人にはなぜ起業家が少ないのか

新将命(以下、新) 私は志の高い会社で働くことで自己実現を果たしたいと、転職を重ね今に至るわけですが、ベンチャーを立ち上げようと思ったことはないんですよ。これは個人の価値観の問題だから、ベンチャーがいい、悪いとは思わない。ただ、若い世代が起業しようと思えない国の未来は暗いのではないかと危惧しています。

徳重 徹(とくしげ・とおる)
テラモーターズ株式会社代表取締役。1970年山口県生まれ。九大工学部卒業。住友海上火災保険株式会社(現:三井住友海上火災保険株式会社)にて、商品企画等の仕事に従事。その後、米国ビジネススクール(MBA)に留学し、シリコンバレーのインキュベーション企業の代表としてIT・技術ベンチャーのハンズオン支援を実行。事業の立上げ、企業再生に実績残す。経済産業省「新たな成長型企業の創出に向けた意見交換会」メンバー。一般社団法人日本輸入モーターサイクル協会電動バイク部会理事。

徳重徹(以下、徳重) 僕が仕事をしていたシリコンバレーには、アップルやグーグルなど成功事例がたくさんあります。しかし日本にはそういった成功事例がない。成功事例がないから後に続くベンチャーも出てこない。そこに問題があるのではないでしょうか。

 日本人も日本の企業も、失敗者に冷たいからね。日本人は、あいつは一度失敗したからもうダメだ、立ち直れないだろうと思う。対してアメリカ人は、あいつは一度失敗したから失敗から学んだだろうと、リカバリーショットを打つ機会を与えてくれる。起業家を育てるための公的な制度も充実しているから、失敗を恐れずにチャレンジできますよね。

徳重 僕はもともと大企業にいたんですが、29歳で会社を辞めて、アメリカに行きました。MBAを取得した後にシリコンバレーに5年半ほどいて、ベンチャー企業のインキュベーションに携わったのですが、これまでにたくさんの失敗をしました。でも失敗したっていいと思っている。失敗がエネルギーになったりするので。

 日本人は良くも悪くもパーフェクショニスト(完璧主義者)ですからね。もうひとつ言えば、アメリカでは若い経営者やベンチャー企業に投資する「エンジェル(投資家)」がいますが、日本には多くありません。だから徳重さんのように起業しようと考える日本人は非常に少なく、世界で最低レベルというデータもあります。

 日本は起業したいと思う気持ちを潰す条件がみごとにそろっている国なんです。そうした文化的、社会的背景が整ってこなければ、今後起業家は増えていかないでしょうね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


新 将命 [株式会社国際ビジネスブレイン代表取締役社長]

1936年生まれ。早稲田大学卒業後、シェル石油、日本コカ・コーラ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、フィリップスを含むグローバル・エクセレント・カンパニー6社で40年にわたり社長職を3社副社長職を1社経験。2003年より住友商事を含む数社のアドバイザリー・ボードメンバーを務める。長年の経験と実績をベースに、経営者や経営幹部を対象とした経営とリーダーシップに関する講演・セミナーをし、国内外で「リーダー人財開発」の使命に取り組む一方で、経営者・経営者グループ に対する経営指導、相談役も果たしている。

自身のビジネス人生で得た実質的に役立つ独自の経営論・リーダーシップ論は経営者や次世代リーダーの心を鼓舞させ、講演会には常に多くの聴講者が詰め掛けている。著書に『経営の教科書』(ダイヤモンド社)『伝説の外資トップが説く リーダーの教科書』(ダイヤモンド社)、『伝説の外資トップが説く 働き方の教科書』(ダイヤモンド社)、『コミュニケーションの教科書』(講談社) など。またオリジナル教材『新将命の経営・リーダーシップ実学』やCD教材等も。

新将命 公式サイト

 


“伝説の外資トップ”新将命 特別対談 次世代リーダーと語る「ビジネスの原理原則」

ジョンソン・エンド・ジョンソン、コカ・コーラ、フィリップス、住友商事、アメリカ、ヨーロッパ、日本を代表するグローバル・エクセレント・カンパニーでトップマネジメントを務めてきた新将命氏の経営メソッドの本質とは何か? 経営者そしてリーダーは、「何を考え」「何を行うべき」か? また、それが、次世代を担う若手経営者やビジネスリーダーからも圧倒的な支持を受けている背景にあるものは? 次世代を担う各分野のリーダーをゲストに招き、改めてその魅力を紐解いていく。

 

「“伝説の外資トップ”新将命 特別対談 次世代リーダーと語る「ビジネスの原理原則」」

⇒バックナンバー一覧