ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊
【第75回】 2015年6月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
小栗正嗣 [週刊ダイヤモンド編集部論説委員]

投資家心理を理解するのにうってつけの書
『行動ファイナンス~市場の非合理性を解き明かす新しい金融理論』

1
nextpage

毎日目にする金融市場のニュースでは、相場を動かすキーワードとして「市場関係者や投資家の心理」がよく出てきます。彼らの考えていることに、何か法則はあるのでしょうか。今回ご紹介する『行動ファイナンス~市場の非合理性を解き明かす新しい金融理論』には、金融市場の心理戦を読み解く手がかりが書かれています。

金融市場の心理戦を
解き明かす「行動ファイナンス」

 6月10日、日本銀行の黒田東彦総裁が実質実効為替レートを引き合いに出し円安を牽制、円高を招くような発言をしたとして国会で釈明に追われました。

 為替介入など日本の為替政策を管轄するのは、日銀でなく財務省。黒田総裁が「実質実効為替レートは特定2国間の相場を占うものでない」などと火消に回り、「為替相場は、経済のファンダメンタルズ(基礎的諸条件)を反映し、安定して推移することが望ましい」と付け加えたのも当然でしょう。

 ただし、為替市場が「経済のファンダメンタルズを反映し安定して推移する」のが不可能であることもわかっているはずです。為替を筆頭に金融市場は「心理ゲーム」であることを重々承知しているでしょうから。

 私たちも日々、「債務問題をめぐるギリシャ高官の発言が伝えられたことで、市場心理が悪化し…」「欧米市場が堅調に推移し、投資家心理が落ちつきを見せ…」といったニュースに触れています。人々の心理が市場、相場を大きく動かすことを体感しています。

ヨアヒム・ゴールドバーグ/リューディガー ・フォン・ニーチュ著、眞壁昭夫監訳、行動ファイナンス研究会訳『行動ファイナンス――市場の非合理性を解き明かす新しい金融理論』2002年1月刊。このテーマを実践的かつ理論的に説いた初めての書として、今でも読み継がれています。

 そんな市場のダイナミズムをより深く知りたい、さらには相場で成功する方法論を学びたい、という期待に応えてくれる本があります。『行動ファイナンス~市場の非合理性を解き明かす新しい金融理論』(ヨアヒム・ゴールドベルグ、リュディガー・フォン・ニーチュ著、真壁昭夫監訳)です。

 「行動経済学」は、長らく当たり前とされてきた経済合理的な人間像(ホモ・エコノミクス)に疑問を投げかけ、人間心理を分析することによって、経済主体の選択、行動を考える研究分野。とくに金融市場の分析に焦点を当てたのが「行動ファイナンス」です。

 監訳者のあとがきにこうあります。

 金融市場の参加者も、当然、生身の人間である。血の通っている人間である以上、感情などの心理状態によって大きな影響を受けるのは当然だ。その参加者の心理状態を考えることによって、金融市場の動きをつかもうというのが「行動ファイナンス」である。実際の市場動向で起きている、いわゆる理屈から離れた動きを「行動ファイナンス」ならかなり説明しうるはずだ。「行動ファイナンス」は、今まで、市場関係者や市場研究者が諦めていた、現実と理論のギャップ部分を埋めてくれる有力なツールと考えられる。
(中略)
かなり新しい学問領域といえる。そうであるがゆえに、国内での研究者の数も相対的に少なく、参考文献も豊富にあるわけではなかった。本書の翻訳は、そうした状況を少しでも解消したい、あるいは、まとまった「行動ファイナンス」の参考文献があれば、と考えたことから着手したものである。(222~223ページ)

 市場の実務と理論のギャップを埋める一助になりたい。監訳者、訳者たちの強い思いがひしひしと伝わってきます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


小栗正嗣 [週刊ダイヤモンド編集部論説委員]

1963年長野県生まれ。早稲田大学法学部卒業後、1987年ダイヤモンド社入社。『週刊ダイヤモンド』編集長を経て、2014年より現職。


いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊

ダイヤモンド社は2013年5月1日に創立100年を迎えることになりました。雑誌を追う形で始まった書籍事業も、ビジネスジャンルを中心に刊行点数は1万点を優に超えています。

書籍は、その時々の経済環境や流行など世相を色濃く反映しているものが多数を占めますが、時代を超えて読み継いでもらいたい名著が、私達の書棚にはたくさん並んでいます。

本連載は100周年を記念し、普遍の名著と呼ばれる作品から、今だからこそ読みたい隠れた名作まで、有名無名織りまぜた100冊を紹介していきます。ダイヤモンド社が誇るベテラン執筆陣の、単なる書評にとどまらない論説をご期待ください!

 

「いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊」

⇒バックナンバー一覧