ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
プレゼンは「目線」で決まる ― No.1プレゼン講師の 人を動かす全技術
【第8回】 2015年7月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
西脇資哲

プレゼン中の基本姿勢は
「おへその前で手を組む」がベスト
シャイな日本人でもできるプレゼン中のジェスチャー(1)

「資料に書いていないこと」を
どれだけ伝えられるかが勝負

プレゼンの最大の長所は、プレゼンターのメッセージを「ライブ」で届けられることです。ライブのよさは「スライドの内容以上のこと」を伝えられる点にあります。

音楽のライブでもそうですよね。人がライブ会場まで足を運ぶのは、CDや音源ファイルでは味わえない「何か」を体験したいからです。
紙の資料だけでは伝えきれないことがあるからこそ、相手の目の前で話をして相手のアクションを引き出す―これこそがプレゼン本来の目的です。

では、スライド資料に書かれていない「何か」とは何なのか?
実はプレゼンテーションのほとんどがこの「何か」で構成されています。音楽のライブと同様、プレゼンターの声のトーンや表情、その場の雰囲気というのは、重大な要素です。

プレゼンの場合、最も大きな割合を占めるのは、プレゼンター自身の「身体の動き(アクション)」です。身体の動きといっても、ステージ上で指をパチンと鳴らしたり、ガッツポーズをしたりというような派手なものを思い浮かべる必要はありません。ちょっとした手の動き、指の動き、身体の運び、姿勢、そして目の動き。こうしたものはプレゼンの成否を大きく左右します。

「おへその前で手を組む」を基本姿勢にする

まず、すぐにできるのが「手」の動きです。とても簡単にもかかわらず、このテクニックを使っている人は思いのほか多くありません。

手の動きはプレゼンターの「態度」や「感情」を表現する強力なツールとなり得ます。事実、プレゼンのうまい人の多くは、言葉を発するのと同時に手を頻繁に動かしています。
これは裏を返せば、ネガティブな感情も手の動きに出るということ。自信のなさなどが思っている以上に伝わりすぎてしまう可能性もあります。聞き手の視線はそれくらい「手」に引きつけられるのです。

私がおすすめしているのは、おへその高さくらいで手を組む姿勢です。
手の組み方は、クリスチャンの「お祈り」のように指をからめず、左右の手の平を少しずらして自然に合わせたスタイルがおすすめです。

立っているときは、これを「基本姿勢」とすることで、安定感のある印象を与えることができます。

こうして組んだ手を胸の高さまで持ってくると、「さあこれから、何か始めるぞ!」という雰囲気を出せます。トークの序盤などで意識して実践してください。お願いやお詫びのタイミングでこの姿勢をとると、丁寧な印象を与えることもできます。

手を動かすのは
「位置・場所・立場」を表すタイミング

トーク中はこの姿勢を基点に手を動かしていきます。
よく言われますが、いわゆる目の前でろくろを回すような大きな動きが自然に見えます。ほかにも、両方に広げて会場全体、聞き手全体を包み込むような動きもおすすめです。

そのうえで、「位置・場所」を表すタイミングで手を動かしましょう。実際に「入口の方向」と言ったら入り口に手を向け、「後方の方々」と言ったら後方に手を向けます。

さらに「立場」を表す場合、「上司である部長が」と言ったら手を上に、「私より年下の若い世代が」と言ったら手を少し下に向けます。「自分たちは」と言うときに自分の胸や首元に手を持っていき、「お客様」と言うときに手を客席に向けて広げる。

これらは、初心者にもやりやすい動きです。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


西脇資哲 [日本マイクロソフト エバンジェリスト]

(にしわき・もとあき)
日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員/エバンジェリスト
1969年生まれ。岐阜の小さなシステム会社でプログラマーとしてモニター画面に向き合う日々を過ごしつつ、ひそかにプレゼン技術の研究を重ねる。96年、日本オラクルに入社し、プロダクトマーケティング業務を経験。その後、IT業界屈指のプレゼンターとして頭角を現す。09年、マイクロソフトに入社後、マイクロソフト製品すべてを扱う唯一の日本人エバンジェリストとして活躍。2014年より業務執行役員。
また、独自のプレゼンメソッドが口コミで広がり、全国から講演・セミナー依頼が殺到。「年間250講演、累計5万人以上・200社以上が受講」という圧倒的実績を持つNo.1プレゼン講師としても知られている。三井住友海上、日立製作所、NHK放送研修センター、JT、富士通、サイボウズ、ルネサンス、クレハ、日本ユニシス、国会議員、環境省、立命館小、筑波大附属駒場中・高など、大手上場企業から初等教育の現場にいたるまで、幅広い層の「伝える力」向上に貢献。また、2010年より継続開催中の「エバンジェリスト養成講座」では、定員が即座に埋まるほどの人気を誇る。
著書に『エバンジェリスト養成講座』(翔泳社)、『エバンジェリストの仕事術』(日本実業出版社)がある。

[Twitter]@waki twitter.com/waki
[Facebook]西脇 資哲 www.facebook.com/mnishiwa


プレゼンは「目線」で決まる ― No.1プレゼン講師の 人を動かす全技術

IT業界屈指のプレゼンテーターとして知られる、マイクロソフトのカリスマ・エバンジェリスト西脇資哲氏。彼には「プレゼン講師」というもう一つの顔がある。なんと年間250回以上のプレゼン研修・講演をこなしているという西脇氏。そんな圧倒的な研修実績に裏打ちされた「プレゼンテーション技術の王道」やそれにまつわるエピソードを語る!

「プレゼンは「目線」で決まる ― No.1プレゼン講師の 人を動かす全技術」

⇒バックナンバー一覧