ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

あのウーバーも参入!
クルマの自動運転にバブルの予感

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第209回】 2015年7月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

徐々に明らかになるグーグルの動向
小型自動運転車は、自社の試験場と公道で走行

講演するグーグルXのCris Urmsonh氏 Photo by Kenji Momota

 1年ぶりに、グーグルXの自動運転部門ディレクター、クリス・ウルムソン氏の講演を聞いた。

 米デトロイト郊外、アナーバー市。ここは、日米欧韓に加えて中国の自動車メーカーや自動車部品メーカーの研究開発拠点が集積するエリアだ。

 この地で初めて、無人移動体の業界団体・AUVSIが自動運転のシンポジウムを開催した。参加者は1年前のサンフランシスコ開催の約2倍となる900人程度まで膨れ上がった。年間を通じて最も大きなAUVSIのイベントは、飛行機・ロケット・ドローン等の無人飛行体を主体としている(本連載で今年5月に紹介)。民生用の自動運転カンファレンスは、そこからのスピンアウトである。

グーグルの自動運転車はレーダー等で周囲の状況を把握しながら走行する グーグルの自動運転車がレーダーやレーダー等を活用して自車の周囲情報を検知している様子 グーグルは自動運転プロトタイプの生産を、ミシガン州内の自動車関連事業者に委託している グーグル独自の走行試験場内を走行する自動運転車。開発メンバーが歩行者に扮して実験を行う様子。以上写真4点はグーグルの発表資料を筆者撮影

 昨年の講演では、当初2014年夏に公道での実証試験を開始としていた小型自動運転車について「実証試験の開始時期はかなり遅れる」と説明。実際、実車による走行は2015年春過ぎから始まった。

 今回の講演はシンポジウム2日目のオープニングとなるキーノートスピーチで、昨年の15分間の倍、30分間だった。会場内では、滅多にお目にかかれないグーグルXのプレゼンに興味津々で、多くの人がデジカメやスマホを前方スクリーンに向けた。注目の的は当然、小型自動運転車の技術的な詳細だ。

 グーグルが独自に設置した試験場内を走行する様子。夜間に走行する様子。自動運転と人間による運転との加減速の具合を比較した図表。グーグル本社があるカリフォルニア州マウンテンビュー市付近での走行で、周囲の状況をライダーやレーダーでデータ収集しながら走行する様子。そしてミシガン州内の生産委託先のファクトリー内の様子等がスクリーンに映し出された。

 生産委託先だが、ウルムソン氏は「ラッシュのファクトリー」と述べている。このラッシュとは、フォードのレース及びハイパフォーマンス系の車両開発を請け負うジャック・ラッシュ氏率いる企業を指す。ラッシュは全米最大規模の自動車レースシリーズ、NASCARスプリントカップシリーズでトップランクのチームとして名高い。

 なお、今回の講演の後、会場内からの質疑応答の時間は設定されていなかった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧