ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

グーグルは自動運転で「何をどこまで」やろうとしているのか?――米自動運転シンポジウム+シリコンバレー現地速報【前編】

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第184回】 2014年7月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Computer History Museumで展示が始まった、グーグルカー。以前はグーグルマップカーを展示していたスペースを改修 Photo by Kenji Momota

相次ぐ自動運転トピックのトリガーは
アメリカ政府の自動運転施策

 2014年7月15日(米東海岸時間)、オバマ大統領はターナー-フェアバンク・ハイウェイ・リサーチセンター(バージニア州マクレーン市)を訪問。自動車同士が通信して走行するV2V(Vehicle to Vehicle/車車間通信)技術開発のシミュレーター等を体験した後、同敷地内で講演した。

 「この技術はまるで、(往年のテレビ番組)『ナイトライダー』のようだ。交通事故、渋滞対策、さらに新規雇用の創出のため、連邦政府として強く推進していく」(オバマ大統領)。

 同政府は今年2月3日、NHTSA(運輸省道路交通安全局)が乗用車へのV2Vの法整備化の可能性を示唆した。これは2012年夏にミシガン州アナーバー市で約3000台を使ったV2Vの実証試験「Safety Pilot」の調査報告を基盤としている。

 こうしたアメリカでの動きを意識し、日産のゴーンCEOは7月17日、東京の外国特派員協会で、2016年末までに高速道路の単一車線で一部の自動運転を商品化すると明言した。さらに、2018年には一般路での車線変更、2020年には交差点等の複雑な道路状況でも自動運転を商品化するとした。

 こうしたなか、アメリカ、欧州、日本の政府関係者、自動車メーカー、自動車部品メーカー、研究機関等が参加した自動運転に関する「Automated Vehicles Symposium2014」(2014年7月14~18日/ハイアットリージェンシーホテル・サンフランシスコエアポート)が開催された。主催したのは、軍需関連の自動制御技術を基盤とする協議会AUVSI(Association for Unmanned Vehicle Systems International)と、米政府機関のTRB(Transportation Research Board)だ。

 筆者は同シンポジウムを現地取材し、さらにシリコンバレー周辺で自動運転、及びテレマティクス(情報通信と情報工学の融合)の最新状況を探った。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧