ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

9月中間決算で一気に悪化か?
深刻化する「業績下方修正懸念」

2008年8月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 日本の景気後退リスクが意識され始めている。8月6日に発表された景気動向指数では、一致指数CI(コンポジット・インデックス)が前月比▲1.6ポイント、先行指数CIも同▲1.7ポイント低下となった。

 内閣府は、8月の月例経済報告において、「景気は後退局面入りした可能性がある」と明言し、長らく続けられた「回復」の文言は削除された。民間の見方に対して、やや遅れがちとなる「官の景況観」が明白に転換したことは、「戦後最長」と比喩された今回の景気拡大が終焉することを示唆している。

 鉱工業生産指数は、1~3月期、4~6月期と2四半期連続で共に前期比▲0.7%とマイナスになった。過去30年間において、同指数の2四半期連続のマイナスの場合、いずれも景気後退入りとなった重い事実がある。

 また、6月の貿易統計において、輸出が55ヵ月ぶりのマイナスに沈んだことも大きい。北米向け輸出の一段の減速はある程度想定されたことだが、EU向けが2002年以来のマイナスとなったのはネガティブ・サプライズであった。

 しかも輸出を牽引してきたアジア向けが、わずか+1.5%に急鈍化したとなれば、厳しい現状認識が当然といえよう。雇用においても、失業率の上昇、有効求人倍率の低下傾向が顕在化している。

 景気後退期の企業業績が下振れするのは当然である。日銀短観の大企業全産業の経常利益計画は、重要な示唆を与えてくれる。リセッション期には、時が流れていくにつれて、経常利益計画が悪化傾向をたどっているのである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧