ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社内プレゼンの資料作成術
【第7回】 2015年8月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
前田鎌利

孫正義氏が「一発OK」を連発した社内プレゼン術
シンプルなプレゼン資料をつくる「捨てる技術」!

社内プレゼンはビジネスパーソン必須のスキル。ところが、多くの人が苦手ではないでしょうか?何度も却下されたり、差し戻しにあったり……。そこで、ソフトバンクで孫正義氏から「一発OK」を何度も勝ち取った著者が、秘伝の「社内プレゼンの資料作成術」を全公開。シンプルな資料で100%の説得力を生む、「超」実践的なノウハウをお伝えします!

「あれもこれも説明しよう」としない

 シンプル&ロジカルなプレゼン資料――。
 これが、社内プレゼンを成功させる鉄則です。ここまで、そのコツをお伝えしてきましたが、シンプルな資料にするためには、もう1つ重要なポイントがあります。それは、「あれもこれも説明しよう」としてはならない、ということです。

 私たちは、企画や事業内容を検討する際に、数多くのデータを集めます。そして、根拠をしっかりと固めてから、プレゼン資料の作成に着手します。これは、当然のことです。ところが、これが複雑なプレゼン資料を生み出す原因ともなってしまうから、要注意です。

 というのは、「抜け漏れ」のないロジカルな資料をつくるために、私たちは、検討過程でかき集めたデータや要素のすべてを盛り込もうとしてしまいがちだからです。

 もちろん、資料は徹底的にロジカルでなければなりません。しかし、本編資料に「あれもこれも」と要素を盛り込めば、とてもではありませんが「5~9枚」に収めることはできません。結果として、決裁者にとって非常にわかりづらいプレゼンになってしまうのです。

 では、どうすればいいのでしょうか?
 取捨選択をするしかありません。
 本編スライドには、決裁者を説得するに足る、最も強力な要素だけを盛り込んで、骨太なロジックだけを示す。それ以外の補足的な要素は、すべてアペンディックス(別添資料)にもっていくのです(下図参照)。そして、プレゼン後に決裁者から「この件は検討しなかったのか?」などと質問されたときに、アペンディックスから該当するスライドを表示して、適宜説明していけばいいのです。

決裁者にとって「最重要な要素」は何か?

 たとえば、本連載第4回以降で例示している「店長研修」のケースであれば、おそらく「接客接遇研修を最優先すべき」ことを裏付けるためにさまざまなデータを確認したはずです。

 顧客アンケートを取るのはもちろん、ミステリーショッパーに調査を依頼したかもしれませんし、現場で働いているスタッフのアンケートも取ったかもしれません。あるいは、インターネット上で自社店舗に関する書き込みを集めて分析したかもしれません。しかし、これらすべての要素を本編スライドに盛り込めば「5~9枚」には収まりません。

 そこで、決裁者にとって最も説得力のある要素だけを本編に盛り込み、それ以外はアペンディックスに収めるのです。私ならば、本編スライドには「顧客アンケートの結果」しか示しません。なぜなら、決裁者が最も重視するのが「顧客の声」だからです。その意味で、それ以外の「ミステリーショッパーの調査結果」「スタッフのアンケート結果」などは補足的なデータですから、これらはすべてアペンディックスに格納するのです(下図参照)。このいわば「捨てる技術」が、シンプルなプレゼン資料をつくるうえできわめて重要なのです。

 こうして、最も重要なスライドだけを本編スライドに入れることで、はじめて「5~9枚」のシンプルな資料が出来上がります。

 ですから、シンプルなプレゼン資料をつくるうえで重要なのは、「コトの軽重」を見極めることです。「提案内容を伝えるために最も重要な要素は何か?」「決裁者にとって最も説得力のあるデータは何か?」。そういった視点で企画の検討段階でかき集めた要素の「軽重」を見極める力こそが求められているのです。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


前田鎌利 

まえだ・かまり 1973年福井県生まれ。東京学芸大学卒業後、光通信に就職。2000年にジェイフォンに転職して以降、ボーダフォン、ソフトバンクモバイル株式会社(現ソフトバンク株式会社)と17年にわたり移動体通信事業に従事。2010年に孫正義社長(現会長)の後継者育成機関であるソフトバンクアカデミア第1期生に選考され第1位を獲得。孫正義社長に直接プレゼンして幾多の事業提案を承認されたほか、孫社長のプレゼン資料づくりも数多く担当した。その後、ソフトバンク子会社の社外取締役や、ソフトバンク社内認定講師(プレゼンテーション)として活躍。著者のプレゼンテーション術を実施した部署で、決裁スピードが1.5~2倍になることが実証された。2013年12月にソフトバンクを退社、独立。ソフトバンク、ヤフー、株式会社ベネッセコーポレーション、大手鉄道会社などのプレゼンテーション講師を歴任するほか、全国でプレゼンテーション・スクールを展開している。


社内プレゼンの資料作成術

社内プレゼンはビジネスパーソン必須のスキル。ところが、多くの人が苦手ではないでしょうか?何度も却下されたり、差し戻しにあったり……。そこで、ソフトバンクで孫正義氏から「一発OK」を何度も勝ち取った著者が、秘伝の「社内プレゼンの資料作成術」を全公開。シンプルな資料で100%の説得力を生む、「超」実践的なノウハウをお伝えします!

「社内プレゼンの資料作成術」

⇒バックナンバー一覧