ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
シンプルに考える
【第31回】 2015年8月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
森川亮

「ダメな時」こそ、成功に近づいている!
サンリオ鳩山玲人氏×元LINE森川亮氏対談(上)

ライセンス・ビジネスをグローバルに成功させたサンリオ(株)の鳩山玲人氏と、LINE(株)でグローバル・サービスを世に送り出した森川亮氏の対談が実現しました。グローバルに活躍するおふたりは、どんなスタンスで仕事に向き合っているのか?何を考えているのか?それぞれの著作『桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか』(鳩山玲人著、幻冬舎)、『シンプルに考える』(森川亮著、ダイヤモンド社)から引用した言葉をもとに、たっぷりと語り合っていただきました。(構成:田中裕子、写真:村田康明)

「僕、実はコンプレックスがあるんです」

鳩山玲人さん(以下、鳩山) 唐突ですが、僕、実はコンプレックスがあるんです。

森川亮さん(以下、森川) ええ? それは、意外ですね。どんなコンプレックスですか?

鳩山玲人(はとやま・れひと) 1974年生まれ。青山学院大学国際政治経済学部を卒業後、三菱商事に入社。エイベックスやローソンなどでメディア・コンテンツビジネスに従事。その後、海外にわたり、2008年にハーバードビジネススクールでMBAを取得。同年、サンリオに入社し、10年に取締役事業戦略統括本部長に就任。経営戦略統括本部長、海外統括事業本部長、全社統括・新体制準備室長などを歴任。2015年7月に設立された新会社「サンリオ メディア&ピクチャーズ・エンターテインメント」のCEOに就任。著書に『桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか』(幻冬舎)がある。

鳩山 自分のキャリアについてです。僕は新卒で三菱商事に入社したんですが、数社の出向を経て在職中にハーバード・ビジネス・スクールに留学。卒業と同時にサンリオ米国法人に転職しました。そして、それまで未開拓だったライセンス・ビジネスを仕掛けたんです。それが、34歳のときですね。

森川 34歳でしたか。攻めてますよね?

鳩山 だけど、当時のサンリオは業績低迷に苦しんでいたとはいえ、東証一部上場企業ですからね。はたから見ればリスクを取らない保守的な転職、保守的なキャリアと映ることでしょう。起業したことがないということに、コンプレックスを感じている自分もいて……。

森川 なるほど。

鳩山 もちろん、「いち会社員」としての矜持はありますよ。与えられた環境で、周囲の予想を上回る活躍ができたんじゃないかな、と。それでも、自分のなかでは起業家への憧れがずっとありました。その思いが強かったからこそ、今回、新しい挑戦をすることにしたんです。

森川 おお。いったい、なにをされるんでしょう?

鳩山 ちょっと前に報道された、「ハローキティ、2019年ハリウッドデビュー」というニュース、ご存知ですか?

森川 ああ、見ました! なんでも、200億円規模の映画をつくるとか。

鳩山 はい。このビッグプロジェクトをはじめ、映画やアニメ、デジタル事業をグローバルに展開するための新会社「サンリオ メディア&ピクチャーズ・エンターテインメント」のCEOに就任したんです。そのために、サンリオ社内のほかの役職はすべて退任。僕なりの「起業」かな、と思ってるんです。

森川 なるほど。そんな思いもあったんですね。

鳩山 これから「映像」の時代になるのは間違いないと思っているので、面白い仕事ができるんじゃないかと意気込んでいます。そういえば、森川さんも3月にLINE(株)CEOを退任され、C CHANNELを起業されましたね。……あ、C CHANNELも映像ビジネスですね!もしかして僕ら、コンペティターになるんですか?(笑)

森川 いやいや、お互い新しい時代を拓いていきましょう(笑)。

「負の経験」こそが、キャリアを拓く

――おふたりとも、さまざまなキャリアを積まれた末に、奇しくも同じ映像の世界で起業されたわけですね。ところで、『シンプルに考える』(ダイヤモンド社)と『桁外れな結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか』(幻冬舎)を読んでみると、おふたりとも「うまくいかなかった経験」がキャリアの転機になっているようです。「負の経験」は、キャリアをつくる原動力になるものでしょうか?

鳩山 それは間違いないですね。じつは……僕がサンリオで実行したライセンス・ビジネスは、着任してから考えついたものではないんです。三菱商事時代に一度失敗して、ハーバード・ビジネス・スクール時代に何度も練り直したシナリオを実行に移したんですよ。

森川 それは、驚いた!

鳩山 僕、三菱商事で働いていたとき、サンリオに「一緒にライセンス・ビジネスをやっていきましょう」と提案していたんです。「三菱商事の人材とインフラを使えば、もっとグローバルに展開できるはずですから、ぜひ提携しましょう」と。でも、うまくいかなかった。「鳩山君の言うことはわかるけど、それってウチだけでもできることだよね?」と言われて、当時の僕はぐうの音も出なかったんです。

森川 一緒にやるメリットを示せなかった、と。

鳩山 ええ、信頼を得ることができず、深いパートナーになれなかった。いま振り返ってみると、「これ、面白いですよ」とプロジェクト・ベースでしか提案できていなかったし、マネジメントの視点が欠けていたとわかるのですが……。

森川 でも、その失敗が今の鳩山さんの糧になった、と?

鳩山 そうなんです。どうすれば、ライセンス・ビジネスを実現できるかという思いが、ハーバードで学ぶ動機でもあったんです。入学する際のエッセイもこの経験について書いたし、ビジネススクールでの研究テーマも「サンリオのビジネス」でした。とにかく、2年以上費やして考え続けたんです。

森川 すごいな……。でも、それが成就するかどうかもわからないわけですよね?

鳩山 いやぁ、いま思えば、たしかにそうですよね(笑)。でも、サンリオの辻副社長から「ウチに来ないか」とお声がけいただいたときに「行きます!」と即答できたのは、手痛い失敗としつこく諦めずに追い求めた2年があったからこそでしょう。まあ、誘われなくても自分の学びになっていたのは間違いないですし。

森川 たしかに、それはそうですね。

鳩山 それで、2008年にサンリオに入社してからは、三菱商事、ハーバード時代に練りに練ったプランに即して舵取りをした、というわけです。

森川 はー、粘り勝ちだ。じゃあ、もう「やりきった感」があるんじゃないですか?

鳩山 うーん、少しは(笑)。だから次のフェーズに移ってもいいかな、と思ったんです。

人間、努力しなくてすむなら絶対に努力しない

鳩山 そもそも、僕の社会人人生、失敗だらけなんです。三菱商事からエイベックスに出向したときも、キャラクター事業を立ち上げようとして大失敗していますし。ご存知ですか? 「エポケ」という……。

森川 ああ、「エポケ」! 覚えています!

鳩山 ありがとうございます(笑)。イスラエルのIT企業と組んで、3Dキャラクターが動くソフトウェアをつくろうとしたんです。エポケ内でメールやブラウザ、コミュニティなどをすべて完結できる仕組みをつくろう、と。エイベックスの依田会長にこのビジネスのポテンシャルを聞かれたときに「無限大です!」とドヤ顔で答えたのに、計画はうまく進まず、結果は惨憺たるものに……。

森川 まあ、新しいことって、だいたい失敗するものですからね。

鳩山 ただ、あの失敗で「キャラクター・ビジネスとは何か」がわかったし、エポケに着手する前にエイベックスで手がけた音楽配信の事業拡大の経験も今に活きています。失敗や経験から貪欲に学ぶことこそ大事なのかな、と。

森川 うまくいかないからこそ、いつかやってやろう、なんとかしようと思うんですよね。人間、努力しなくてすむなら絶対に努力しませんから(笑)。そして、その努力が実を結ぼうと結ぶまいと、不思議とゆくゆくの仕事にもつながるものです。

鳩山 わかります、わかります。

森川亮(もりかわ・あきら) 1967年生まれ。筑波大学卒業後、日本テレビ放送網に入社。コンピュータシステム部門に配属され、多数の新規事業立ち上げに携わる。2000年にソニー入社。ブロードバンド事業を展開するジョイントベンチャーを成功に導く。03年にハンゲーム・ジャパン(株)(現LINE(株))入社。07年に同社の代表取締役社長に就任。15年3月にLINE(株)代表取締役社長を退任し、顧問に就任。同年4月、動画メディアを運営するC CHANNEL (株)を設立、代表取締役に就任。著書に『シンプルに考える』(ダイヤモンド社)がある。

森川 僕も日テレ時代、日テレが所有する動画の海外配信を手がけてそこそこ波に乗ったんです。でも、「そこそこ」止まり。日本人向けの動画が、そのまま海外で通用するはずがありませんから、やはりコンテンツそのものをつくりかえないとダメだと気づいたんです。ソニー時代も「そこそこ」でした。ソニーで着手したネット配信も数十億円規模のビジネスにはなったのですが、時代的にビジネス化には早かったのか、波に乗りきれなかった。

鳩山 ええ。

森川 失敗したわけじゃないですが、なかなか成功できなかった。「なぜか?」と考えたときに、結局、業界のスピード感だと思ったんです。当時は、テレビも電機も本業が好調だったから、わざわざリスクをとって新しいビジネスに積極的に投資はしない。そこで、「ゲームのほうが流れが速そうだ」とハンゲーム・ジャパンに行き、インターネットの世界に飛び込んだんです。そして、オンライン・ゲームで日本ナンバーワンになり、LINEで世の中のコミュニケーションを変えて、いま、こうしてまた動画の世界に戻ってきたわけです。

鳩山 技術もインフラも整って、動画の海外発信をするならいまだ、というわけですね。

森川 もはや、スマホで撮影してスマホで編集できる時代ですからね。C CHANNELで活躍している女の子たちも、その場でアプリを使って加工したり、エフェクトをかけたり、自由自在に映像をつくっています。

鳩山 映像編集へのハードルが低くなれば、より身近なものとして爆発的に普及していくでしょう。森川さんからすると、ようやく、ですね。

森川 そうですね。こうして振り返ると、うまくいかない時期があったからこそ、今があるんだと、改めて思いますね。

――『シンプルに考える』にも、「失敗の原因を突き止めて、次のチャレンジに活かす。あきらめずに、そのサイクルを回し続けることで、必ず成功に近づくことができる」と書かれていますね。

森川 はい。人生も仕事も、たいていのことはうまくいきません。だけど、うまくいかないときこそ、実は、成功に近づいているんじゃないかと思います。大事なのは、「うまくいかない理由」をとことん突き詰めて、本質的に重要なことに100%集中すること、全力で行動することです。うまくいかないからといって言い訳したり、落ち込んでたって意味がないんです。

鳩山 そのとおりだと思います。

<続>

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


森川亮 

1967年神奈川県生まれ。1989年筑波大学卒業後、日本テレビ放送網に入社。幼少時から一貫して音楽を続けてきたこともあり、音楽番組の制作を希望するもコンピュータシステム部門に配属。本格的にコンピュータを学ぶ。インターネットの登場に刺激を受け、ネット・ビジネスに傾倒。ネット広告や映像配信、モバイル、国際放送など多数の新規事業立ち上げに携わる。仕事のかたわら青山学院大学大学院にてMBAを取得。2000年にソニー入社。ブロードバンド事業を展開するジョイントベンチャーを成功に導く。2003年にハンゲーム・ジャパン株式会社(後にNHN Japan株式会社、現LINE株式会社)入社。4年後には日本のオンライン・ゲーム市場でナンバーワンとなる。2007年に同社の代表取締役社長に就任。2015年3月にLINE株式会社代表取締役社長を退任、顧問に就任。同年4月、動画メディアを運営するC Channel株式会社を設立、代表取締役社長に就任した。


シンプルに考える

「あれも大事、これも大事」と悩むのではなく、「何が本質なのか?」を考え抜く。そして、本当に大切な1%に100%集中する。シンプルに考えなければ、何も成し遂げることはできない――。LINE㈱CEO退任後、注目の経営者がはじめて明かす「仕事の流儀」!

「シンプルに考える」

⇒バックナンバー一覧