ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
伝え方が9割(2)
【第10回】 2015年8月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐々木圭一 [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

「シンプル」に考えれば、結果は必ずついてくる
【佐々木圭一×森川亮】(前編)

1
nextpage

69万部突破のベストセラー『伝え方が9割』の著者であり、第2弾である『伝え方が9割(2)』も好調の佐々木圭一氏と、LINE株式会社CEO退任後に動画ファッションマガジン「C CHANNEL」を立ち上げ、著書『シンプルに考える』も話題の森川亮さんの対談が実現。お二人の専門領域でもある「今の時代のコミュニケーション」について語っていただきました。(構成/伊藤理子 撮影/石郷友仁)

あれもこれもと迷うと、本質を見失う

森川亮(もりかわ・あきら)1967年生まれ。筑波大学卒業後、日本テレビ放送網に入社。コンピュータシステム部門に配属され、多数の新規事業立ち上げに携わる。2000年にソニー入社。ブロードバンド事業を展開するジョイントベンチャーを成功に導く。03年にハンゲーム・ジャパン(株)(現LINE(株))入社。07年に同社の代表取締役社長に就任。15年3月にLINE(株)代表取締役社長を退任し、顧問に就任。同年4月、動画メディアを運営するC Channel(株)を設立、代表取締役に就任。

佐々木 森川さんとは、定期的に食事をする仲なんですよね。森川さんが親しい知り合いをどんどん連れてくる「森川会」というのに入れていただいて。私は、経沢(香保子)さんから森川さんをご紹介いただいたんですが、経沢さんはまだ森川さんとも会ったことがないというタイミングだったんですよね、確か。

森川 そういえば、そうでしたね(笑)。

佐々木 森川さんがすごいのは、気になる人がいたら、どんどんTwitterなどでつながって、直接お食事にお誘いするんですよね。「LINEの森川です。食事に行きませんか?」って。もらった方は驚きますよ。「いや、これ嘘だろう…?でもそれにしてはフォロワー多いから本物か…」なんてね。今もそういうこと、されているんですか?

森川 やっていますね。以前は、経沢さん経由で佐々木さんを紹介いただいたみたいに、会ってみたい人ができたら、その人との間にいる共通の知り合いを探して紹介してもらっていたのですが、その人の予定が合わないと話が一向に進まないじゃないですか。もう面倒くさいから、直接連絡してしまおうと。

佐々木 そうやって次々と、自ら人脈を広げておられるのがすごいですよ。私も仲間に入れてもらって、光栄です。…そんな中、突然LINEのCEOを辞めると聞いて、驚きました。しかも、本も出版されると聞いて、二度びっくり。確か2年ぐらい前、私がダイヤモンド社の編集担当者と森川さんを引き合わせたのですが、その時は森川さん、開口一番「本を出すことは考えていないんですよね」っておっしゃっていたじゃないですか。「あれ?あのあと話が進んだんだ…?」って(笑)。

森川 すみません、その節は(笑)。

佐々木 いえいえ(笑)。著書を拝見させていただきましたが、感銘を受けすぎて、もう折り目付けまくり、線も引きまくりです。好きなポイントはいくつもあるのですが、敢えて言うならば「はじめに」のところ。「あれも大事、これも大事」と迷っていると結局何も決められない。力を分散させるのではなく、一つのことに全力を集中することが結果につながる、という考え方。つまり、シンプルにユーザーのことだけを考え、ユーザーが本当に求めているものを生み出すことに集中する。私みたいに小さな組織を運営している者は、つい不安になってあれこれ考えたくなるのですが、改めて、「おっしゃるとおり。北極星は一つでいいんだ」と教えられましたね。

森川 読み込んでくださっていますね、ありがとうございます。僕より詳しかったりして(笑)。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
キーワード  森川亮
世界標準の子育て

世界標準の子育て

船津徹 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
勉強ができて、人に好かれて、心の強い子が育つ! アメリカを拠点に20年以上教育に携わり、4,000人超のグローバル人材を輩出したきた著者が送る子育てノウハウ。米国、英国、北欧、アジアなど、世界各国の子育て事情をふまえて日本人向けに体系化!0歳〜18歳まで全年齢対応、子育て本の決定版です。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、7/16~7/22)



佐々木圭一(ささき・けいいち) [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

新入社員時代、もともと伝えることが得意でなかったにもかかわらず、コピーライターとして配属され苦しむ。連日、書いても書いてもすべてボツ。紙のムダということで当時つけられたあだ名は「もっともエコでないコピーライター」。ストレスにより1日3個プリンを食べ続ける日々を過ごし、激太りする。それでもプリンをやめられなかったのは、世の中で唯一、自分に甘かったのはプリンだったから。あるとき、伝え方には技術があることを発見。そこから伝え方だけでなく、人生ががらりと変わる。本書はその体験と、発見した技術を赤裸々に綴ったもの。 本業の広告制作では、カンヌ国際広告祭でゴールド賞を含む3年連続受賞、など国内外55のアワードに入選入賞。企業講演、学校のボランティア講演、あわせて年間70回以上。郷ひろみ、Chemistryなど作詞家として、アルバム・オリコン1位を2度獲得。『世界一受けたい授業』等テレビ出演多数。株式会社ウゴカス代表取締役。

佐々木圭一公式サイト: www.ugokasu.co.jp
Facebook:www.facebook.com/k1countryfree
twitter:@keiichisasaki


伝え方が9割(2)

伝え方は「センス」ではなく「技術」です!料理に「レシピ」があるように、伝え方にも「レシピ」があります。18年間コピーライターとして実践して発見した「伝え方のレシピ」を是非最短で身につけていただければと思います!

「伝え方が9割(2)」

⇒バックナンバー一覧