ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
野中郁次郎のリーダーシップ論 ― 史上最大の決断

新浪剛史・サントリーHD社長×野中郁次郎
米英の異なる文化を融合させた賢将

野中郁次郎 [一橋大学名誉教授]
【第16回】 2015年8月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

新浪剛史・サントリーホールディングス社長は、歴史研究から普遍的な知見を得ることで、リーダーは「勝つための判断」ができるようになるという。そうした自身の判断基準に指針を与えてくれた1人が野中郁次郎・一橋大学名誉教授。その最新刊『史上最大の決断』から得た知見と、グローバル事業におけるプラグマティズム(実用主義)について聞いた。

1年前に敢行されても
成功はおぼつかなかった作戦

野中 日本軍の失敗をテーマにした『失敗の本質』に対して、連合軍の成功の典型であるノルマンディー上陸作戦に焦点をあてたのが『史上最大の決断』です。『失敗の本質』を出して30年、ノルマンディー上陸が敢行されてちょうど40年という節目の年の昨年、上梓しました。

新浪剛史
サントリーホールディングス社長

新浪 もちろん、こちらも拝読させていただきました。そこで描かれているように、連合軍といっても一枚岩ではなかったんですね。それをうまくまとめて、未曽有の上陸作戦を成功させたのが最高司令官のアイゼンハワー(アイク)。本当によくやったと思います。まさに賢人で、だからこそ、後に大統領までなることができたのでしょう。

 特に興味深かったのは、歴史にifを持ち込み、上陸作戦があと1年早く実行されていたら、その後の歴史はどう変わっていたか、というシミュレーションをされていたところです。1年前に作戦が成功していたら、ユダヤ人200万人の命が助かり、東ヨーロッパがソ連の支配下になることもなかったとありました。私も『史上最大の決断』を読んだ後にifを考えました。アイクがいなかったら、歴史はどうなっていただろうかと。アイクがいたとしても、1年前に上陸作戦を強行していたら、果たして成功していただろうかと。

野中 うまくいかなかったかもしれませんね。

新浪 アイクは米英の異なる文化をうまく融合させました。同じ英語を話す国でも、アメリカとイギリスは文化が違う。その壁を乗り越えて行われたあの上陸作戦はすごいなと、素直に思いました。しかも、プライドの高いイギリス人の上にアメリカ人が来たわけですから。そもそもチャーチルはノルマンディー上陸作戦には気乗り薄だったので、彼を押し切って1年早く実行したとしても、うまくいかなかったのではないでしょうか。

知識と経験の質量
どちらも熱心に高めた

野中 アイクは本当に普通の人だったんです。では、なぜそういう人が、最後は大統領にまで上り詰めることができたかというと、ボスに恵まれたことが大きかった。

野中郁次郎
一橋大学名誉教授

 陸軍きっての教養人であるコナー、よくも悪くもカリスマそのものだったマッカーサー、とにかく聡明で頭の切れたマーシャルです。この3人のうち、特に影響が大きかったのがコナーです。アイクはクラウゼヴィッツの『戦争論』を暗記するほど読まされ、彼を通じて歴史や哲学といったリベラルアーツにも目を見開かされた。さらにアイクが優れていたのは、戦車を分解して組み立てたり、個人でパイロットの免許を取ったりと、頭でっかちではなかったことです。知識と経験、そのどちらを高めることにも熱心だったのです。

新浪 リベラルアーツといえば、先生ともご一緒した「キャンプ・ニドム」を思い出します。

野中 富士ゼロックスの小林陽太郎さんが主宰した経営者向けの泊りがけの勉強会ですね。懐かしい。

新浪 その時、哲学と歴史を主体としたリベラルアーツが物事を考える際の根本になるのだということを痛感しました。本書では、最高司令官アイゼンハワーと、イギリス軍の地上軍責任者であるモントゴメリーとの確執が随所で描かれています。そういう意味では、アイクのほうがモントゴメリーより、リベラルアーツのレベルが上だったのだろうなあと。

野中 そうですね。アイクとモントゴメリーのリーダーシップの差を決めたのはリベラルアーツだったかもしれません。その差が、歴史的構想力と対人関係力の差になって表れていたのでしょう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

野中郁次郎 [一橋大学名誉教授]

1935年東京生まれ。早稲田大学特命教授。58年早稲田大学政治経済学部卒業後、富士電機勤務を経て、カルフォルニア大学バークレー校経営大学院博士課程修了(Ph.D)。南山大学、防衛大学校、一橋大学、北陸先端科学技術大学院大学、一橋大学大学院国際企業戦略研究科で教鞭を執る。紫綬褒章、瑞宝中綬章受章。知識創造理論の提唱者であり、ナレッジ・マネジメントの世界的権威として、米経済紙による「最も影響力のあるビジネス思想家トップ20」でアジアから唯一選出された。さらに2013年11月には最も影響力のある経営思想家50人を選ぶThinkers50のLifetime Achievement Award(生涯業績賞、功労賞)を受賞。近年は企業経営にとどまらず、地域コミュニティから国家までさまざまな組織レベルでのリーダーシップや経営のあり方にも研究の場を広げている。主な著作に、『失敗の本質』(ダイヤモンド社)、『アメリカ海兵隊』(中央公論新社)、『知識創造企業』(東洋経済新報社)など。

Facebook「史上最大の決断」


野中郁次郎のリーダーシップ論 ― 史上最大の決断

『失敗の本質』から30年。経営学の世界的権威・野中郁次郎が、リーダーシップ研究の集大成の対象に選んだのは、「凡人たる非凡人」にして第2次大戦の活路を拓いた連合軍最高指揮官アイゼンハワー。「史上最大の作戦」で発揮された意思決定(Judgement)の本質を説く。

「野中郁次郎のリーダーシップ論 ― 史上最大の決断」

⇒バックナンバー一覧