ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊
【第85回】 2015年9月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
原英次郎

金融危機の原因はインターネットにあり
シリコンバレーの重鎮によるネット時代の処方箋
『つながりすぎた世界』――インターネットが広げる「思考汚染」にどう立ち向かうか』

1
nextpage

米国がゼロ金利政策に終止符を打ち、金利を引き上げる時期が迫ったというだけで、中国を始めとする新興国から、資金が米国に還流し、世界中で株価が暴落、新興国の通貨が大きく下落しました。1997年のアジア通貨危機が再来するのではないかと、世界はひやひやしながら、成り行きを見守っています。今回ご紹介する『つながりすぎた世界』は、インターネットの普及などによる「過剰結合」が、金融危機を引き起こす遠因になっていると指摘します。その内容を少しご紹介しましょう。

なぜかくも世界の金融市場は
同時に大きく動揺するのか

ウィリアム・H・ダビドウ著、酒井泰介訳『つながりすぎた世界――インターネットが広げる「思考感染」にどう立ち向かうか』2012年4月刊。「思考感染」とは、緊密な結びつきのなかでデマや風評がまたたく間に広まること。インターネット内での盗作の検証などはまさにあてはまるでしょう。

 米国の通貨ドルは「世界通貨」だけに、もともと米国の金融政策に世界は振り回されてきました。今回もリーマンショック後の景気回復・デフレ阻止を狙って、米国が3次にわたってQE(量的金融緩和政策)を採用してドルを大量に供給したため、より有利な投資先を求めてドルが新興国に溢れだし、それが逆流しているのです。ですが、どうして、こんなにも市場が大きく変動にするようになったのでしょうか。それも世界同時に。

 一つには、規制緩和の波が世界を覆い、世界各国が資本の自由化、要はマネーの出入りを自由にする政策を進めてきたためです。そして、価格の振幅を大きくしているのが、インターネットの世界的な普及です。インターネットの活用によって、投資であれ投機であれ、取引は秒単位以下で行えるようになりました。身近なところで考えてみるといいでしょう。株式売買は、今やインターネット取引が主流です。一昔前の電話による注文に比べれば、売買にかかる手数料は安く、売買成立までの時間は短い。インターネットがなければ、デイトレーダーなんて人種は出現しなかったはずです。

 本書は技術革新によって、つながりすぎた世界がいかに脆弱であり、世界に破滅的な被害をもたらすかを検証したうえで、それを防ぐ処方箋を描こうとする意欲作です。筆者は結合の度合いを(1)過少結合状態、(2)結合状態、(3)高度結合状態、(4)過剰結合状態の4段階に分けます。過剰結合状態とは「社会制度が急激に変わりすぎて環境が変化についていけない状態。あるいは逆に、環境の急変によって発生した文化的遅滞を社会がコントロールできない状態」(29ページ)であり、リーマンショックを引き起こした金融バブルがその典型です。

 筆者は大学で電気工学を専攻してインテルに入社し、エンジニアとして過ごした後、ベンチャーキャピタリストに転じたというキャリアの持ち主。筆者は過剰結合を引き起こす最も重要な要素が「正のフィードバック」であるといいます。正と言うと何か好ましいことのように聞こえるが、ここでは「ある変化がさらなる変化を促す」という工学的な意味で使用されています。反対に「負のフィードバック」にもマイナスの意味はなく、ある変化が中和され、環境のバランスを保つことを意味します。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊

ダイヤモンド社は2013年5月1日に創立100年を迎えることになりました。雑誌を追う形で始まった書籍事業も、ビジネスジャンルを中心に刊行点数は1万点を優に超えています。

書籍は、その時々の経済環境や流行など世相を色濃く反映しているものが多数を占めますが、時代を超えて読み継いでもらいたい名著が、私達の書棚にはたくさん並んでいます。

本連載は100周年を記念し、普遍の名著と呼ばれる作品から、今だからこそ読みたい隠れた名作まで、有名無名織りまぜた100冊を紹介していきます。ダイヤモンド社が誇るベテラン執筆陣の、単なる書評にとどまらない論説をご期待ください!

 

「いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊」

⇒バックナンバー一覧