ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

米利上げと中国失速で世界金融緩和バブル崩壊が始まる

週刊ダイヤモンド編集部
【15/9/12号】 2015年9月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

『週刊ダイヤモンド』2015年9月12日号の特集は、「米中発!金融パニック」。8月中旬、中国経済のさらなる失速懸念と米国の利上げ観測が“共震”し、世界中で株価が暴落しました。この金融パニックはなぜ、どのように引き起こされたのか。その真相と、これから世界を待ち受けている金融緩和バブル崩壊のリスクシナリオを検証しました。

『週刊ダイヤモンド』2015年9月12日号の特集は、「米中発!金融パニック」

 1987年のブラックマンデー、97年のアジア通貨危機、そして2008年のリーマンショック──。有為転変の相場の世界であまたの修羅場をくぐってきたメガバンク幹部をして、「あれは腰が抜けました」と言わしめたほど、8月半ば以降の暴落劇は苛烈を極めた。

 株式市場は世界同時安の様相となった。日経平均株価は8月11日の高値から2週間で実に3000円近くも落ち込み、米ニューヨークダウは同21日までの1週間で1000ドル超も暴落してしまった。週間ではリーマンショック直後以来の下げ幅である。

 上海総合指数が8年ぶりの下げ幅を記録した同24日、中国国営メディアの新華社は、今回の暴落を「黒色星期一(ブラックマンデー)」と評した。

 異常事態は株だけにとどまらない。同じ日、為替でも「アルゴリズム取引のせいで、1ドル119円だったドル円がたった30秒で116円まで飛んだ」(同幹部)。

 暴落の背景にあるのは、中国景気の想定以上の急減速と、米国で浮上している利上げ観測だ。

 この米中二大リスクが“共震”することで、投資家の心理が急速に冷え込んだ。株式、商品、新興国通貨といった高リスク資産から、先進国の国債などの低リスク資産にマネーを移動させる「リスクオフ」が急加速して、金融市場を激しく揺さぶった構図が浮かぶ。

 リーマンショック後、米国など先進国の相次ぐ金融緩和策を受け、大量の緩和マネーが財政基盤の脆弱な新興国へと流れ込んでバブル化していった。

 こうした緩和マネーが米国の利上げ観測を契機にいよいよ逆流を始め、トルコやインドネシアの通貨安を招くなど、新興国を直撃しているのだ。

 さらに、“爆食”によって世界の一大消費地として急台頭してきた中国経済も減速が鮮明となり、資源需要の急減という形で資源国に大打撃を与えている。中でも中国への輸出依存度の高かったオーストラリアや南アフリカ共和国などは青息吐息だ。原油などの商品市況にも波及して価格が急落している。

 特に新興国は、中国の三大調整の余波で輸出減、観光客減、消費減の三重苦に陥っている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

最新号の読みどころを特集担当者の視点でお伝えします。時には紙幅の関係から記事にできなかった取材の内側など、「ここだけの話」も満載です。

「今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ」

⇒バックナンバー一覧