ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり子育ては体当たり。失敗してまた学べばいいのよ。
【第29回】 2015年10月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
久保田カヨ子 [脳科学おばあちゃん]

「いない、いない、ばあ」は、
脳の「前頭前野」を鍛える
――カヨ子ばあちゃんの
子育て日めくり29

1
nextpage

「脳科学おばあちゃん」として全国のお母さんから絶大なる信頼が寄せられている久保田カヨ子氏。ソニー創業者の井深大氏も絶賛した『赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる』も緊急重版(第4刷)が決まるなど、好調に推移している。

このたび、83歳になったカヨ子ばあちゃんが、自身初の『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり――子育ては体当たり。失敗してまた学べばいいのよ。』を出版。
はやくも、楽天ブックスやアマゾンの「子育て」ジャンルで、ベストセラーになっているという。
どんな想いで出版に臨み、どんなことが『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』に掲載されているのか。
本連載では、読むだけでパパ・ママがホッとしながら、子どもの脳が活性化する「カヨ子ばあちゃん31の金言」を紹介。育児で孤軍奮闘するママ・パパを強力に応援したいと思う。
「脳科学おばあちゃん」にその想いを余すところなく語ってもらった。

ものごとを期待させる
原始的知能の訓練とは?

久保田カヨ子
(Kayoko Kubota) 1932年、大阪生まれ。脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。長男が一級建築士、次男が東京大学に合格。約30年前に、日本における伝統的な母子相伝の育児法を見直しながら、自身がアメリカ在住時と日本で実践してきた出産・育児経験をもとに、夫・競氏の脳科学理論に裏づけされた“0歳から働きかける”クボタメソッドを確立。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。 『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる』(以上、ダイヤモンド社)などベストセラー多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。全国からの講演依頼もあとをたたない。
【脳研工房HP】http://umanma.co.jp/

 日中、少しずつ目を開けていられるころになると、本格的な訓練が始められます。その1つに、ものごとを期待させるという原始的知能の訓練があります(→くわしくは『赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる』を参照してください)。

 まず、小さめのガーゼ(一重のあまり目のつまっていないもの、縦横糸を抜いて間引いて目を粗くするのも工夫です。25×25センチくらい)の両端をお母さんが両手でもち、赤ちゃんの視界に正確に入るようにして顔に近づけます。

 赤ちゃんの鼻から口にかけて少し下端がふれるようにふらふらと2~3度動かしてから、あごのほうから目にかけて、フワッとガーゼを落として顔をおおいます。

 そして、すかさず「ぱっ」とか「ばあ」と言って両手でとりのぞきます。

 このときお母さんの顔を見せます。これを2~3度くり返します。

 その次には少し長いあいだ、顔をおおっておきます。
「ばあー」を期待する赤ちゃんが、手足をばたつかそうとする寸前に、「ばあっ」と言ってガーゼをとりのぞきます。

 赤ちゃんがバタバタ手足をもがくまでやらないでください。5回もくり返せば、赤ちゃんにとって一日の勉強としては十分です。

 この“ガーゼの顔おおい”は、「ぱっ」というまで息苦しくても待つこと、すぐとってくれるだろうと期待させること、鼻の上で動くものを意識し、目でものを見ようとすること、鼻の上でガーゼが動くと、そのうちに顔の上に落ちるぞ、と予測させることが目的です。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


久保田カヨ子 [脳科学おばあちゃん]

 

1932年、大阪生まれ。脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。約30年前に、日本における伝統的な母子相伝の育児法を見直しながら、自身がアメリカ在住時と日本で実践してきた出産・育児経験をもとに、夫・競氏の脳科学理論に裏づけされた、“0歳から働きかける”久保田式育児法〈クボタメソッド〉を確立。この20年で3000人以上の赤ちゃんの脳を活性化させてきた。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。2008年、株式会社『脳研工房』を立ち上げ、現在代表取締役。著書に、累計25万部突破のシリーズ『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』『赤ちゃん教育──頭のいい子は歩くまでに決まる』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』など多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。全国からの講演依頼もあとをたたない。

【脳研工房ホームページ】
http://www.umanma.co.jp/

 


カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり子育ては体当たり。失敗してまた学べばいいのよ。

累計25万部突破! 「カヨ子ばあちゃんシリーズ」著者で、83歳になった育児界のカリスマ・久保田カヨ子氏初の「子育て日めくり」がついに登場!
【83歳になったカヨ子ばあちゃんからのメッセージ】
ああ言いすぎちゃったな、悪かったな、と自己嫌悪に陥ったとき、ダンナが役立たずで愛想を尽かしたとき、とことん落ち込んだとき、とにかくホッとしたいとき、「子育て日めくり」をパラパラめくってみてください。 きっと、元気と笑顔がよみがえってくるでしょう。育児は育児書どおりうまくいかないもの。でも、お母さんの努力は必ず実を結びます。子どもに体当たりして、失敗して、また学べばいんです。あなたの育児のやり方でいいんですよ。だって、誰の子でもない、あなたの子じゃないですか!

「カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり子育ては体当たり。失敗してまた学べばいいのよ。」

⇒バックナンバー一覧