ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
絶対内定
【第28回】 2015年10月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
熊谷智宏 [我究館館長]

絶対内定するインターンシップ。
16卒の内定者に学ぶ3つの動き方

1
nextpage

大学3年生にとって、今まさにインターンの季節。2016年卒学生、いわゆる「16年卒」の内定者で納得のいく進路選びに成功した学生は、インターンをうまく活用していたことがわかった。後悔しないインターンについて、キャリア支援スクール「我究館」の熊谷館長にうかがった。

どの企業のインターンシップに参加するといいのか? 納得いく進路が見つかった内定者の先輩に聞いてみよう。Photo:milatas-Fotolia.com 拡大画像表示

内定者のインターンシップとは?

熊谷智宏(くまがい・ともひろ)
我究館館長。横浜国立大学を卒業後、(株)リクルートに入社。2009年、(株)ジャパンビジネスラボに参画。現在までに2500人を超える大学生や社会人のキャリアデザイン、就職や転職、キャリアチェンジのサポートをしてきた。難関企業への就・転職の成功だけなく、MBA留学、医学部編入、起業、資格取得のサポートなど、幅広い領域の支援で圧倒的な実績を出している。また、国内外の大学での講演や、執筆活動も積極的に行っている。著書に『絶対内定』シリーズがある。(撮影/宇佐見利明)

 就活を考える際に、避けて通れないのがインターンシップ。いまや参加することが当然になりつつある。実施する企業も、ここ数年で急増した。

  私が館長を務める我究館の生徒たちも、ほとんどがインターンシップに参加している。

  これを読んでいるきみは、すでに夏のインターンシップに参加したかもしれない。
  オータム、ウィンター、アクチュアリーインターンシップなど、秋から春にかけても新規の募集は続く。とはいえ、これから参加できてもせいぜい2~5社程度だろう。

  気づいているかもしれないが、インターンシップは「参加しただけ」では、結果は出ない。
「インターンに参加したけど選考に関係なかった」と言っている先輩が周囲にいると思うが、失礼ながらそれは、ただ「参加しただけ」の可能性が高い

  では、昨年の内定者は、実際どう動いていたのか。今からでも挑戦できる3つの動き方の例を挙げてみる。
 きみにとって今どれが必要かを考えながら、読んでみよう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


 

熊谷智宏(くまがい・ともひろ) [我究館館長]

我究館館長。横浜国立大学を卒業後、(株)リクルートに入社。2009年、(株)ジャパンビジネスラボに参画。
現在までに2500人を超える大学生や社会人のキャリアデザイン、就職や転職、キャリアチェンジのサポートをしてきた。
難関企業への就・転職の成功だけなく、MBA留学、医学部編入、起業、資格取得のサポートなど、幅広い領域の支援で圧倒的な実績を出している。また、国内外の大学での講演や、執筆活動も積極的に行っている。
著書に『絶対内定2016』シリーズがある。

【キャリアデザインスクール・我究館】http://www.gakyukan.net/
心から納得のいくキャリアの描き方と実現をサポートする就職・転職コーチングスクール。1992年の創立以来、20年以上にわたり全業界に7200名の人材を輩出。
日本を代表するコーチ陣が、就職、転職、ロースクールや医学部進学、MBA留学、資格取得等、次の成長機会を模索し、その実現に悩む人々をバックアップしている。


絶対内定

1994年の創刊から20年以上のロングセラー、現在も大学生協売上1位を誇る『絶対内定』シリーズ。今では当たり前の「自己分析」の考えを、就活にはじめて取り入れたのが本書で、先輩やOB・OGのみならず、企業の人事・採用担当者にも支持されている。
連載では、『絶対内定』シリーズの執筆陣による、就活において大切な考え方や手法、最新就活事情などをお届けする。

「絶対内定」

⇒バックナンバー一覧