ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
J.D. パワー  Ranking&Analysis

スバル、マツダが商品魅力度評価で大躍進した理由

川橋敦[オートモーティブ部門シニアディレクター]
【第11回】 2015年10月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 2015年9月24日、J.D.パワーは、「2015年日本自動車商品魅力度調査SM(Automotive Performance, Execution and Layout Study,略称APEAL)」を発表しました。新車購入後2~9ヵ月を経過したユーザーを対象に実施した本調査では、ユーザーの関心が燃費や価格など「経済性」から、見た目や運転する楽しさといった「車本来の価値」に移りつつある傾向が表れました。

「安心して乗れる」は当たり前!
魅力度を左右する新たな要素とは

ユーザーの関心は、「経済性」から「見た目」「運転する楽しさ」へと移りつつあるようです

 車は2つの軸で評価することができます。

 1つは「安心して乗れる」という軸。これは、壊れた、動かない、使いづらい、使いかたがわからないといった「ネガティブな要素がいかに少ないか」を見る評価軸で、前回紹介したIQS調査によってスコアを測ることができます。

 もう1つは「魅力的に感じる」という軸です。たとえば、見た目のよさ、乗り心地のよさ、運転しているときの気持ちよさといった「ポジティブな要素がいかに多いか」を見る評価軸です。今回紹介するAPEAL(Automotive Performance, Execution and Layout Study・商品魅力調査)は、この部分をユーザーから聞き、1000点満点で表したものです。

 ユーザーとしてはどちらも満足度に影響する重要な評価ですが、最近の車は故障や不具合が少なくなり「安心して乗れる」のが当たり前という感覚が強くなっています。そのため、「いかに魅力的か」を表すAPEALスコアが、所有後の満足感を高めるうえで重要なポイントといえます。

 また、安心して乗れる車(IQSスコアがよい)と魅力的に感じる車(APEALスコアがよい)があった場合、当社の調査では魅力的に感じる車のほうが「人に勧めたい」という気持ちが強くなることがわかっています。「勧めたい」という気持ちは「買ってよかった」「次も同じ車を買おう」という意識と相関性が高いため、APEALスコアが高いほど、購入者自身の満足度も高くなりやすいといえます。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


J.D. パワー Ranking&Analysis

20年以上に渡り、日本企業の顧客満足度の実態と変遷を見てきたJ.D.パワー。本国アメリカでは自動車業界をはじめとして顧客満足度調査が全米の注目を集め、その信頼度は群を抜いている。そんなJ.Dパワーの最新顧客満足度ランキングを同社アナリストの分析とともに紹介。日本の消費者が本当に知りたい商品、サービスの真実をお伝えする。

「J.D. パワー Ranking&Analysis」

⇒バックナンバー一覧