ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日本のベスト温泉100&温泉旅館100byダイヤモンドQ

充実感と爽快感が魅力の「秘湯」
“温泉チャンピオン”厳選の20湯

ダイヤモンドQ編集部
2015年10月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「普通の温泉ではもの足りない」と感じるようになったら、本物の秘湯にチャレンジしてはいかがだろうか。秘湯入浴の魅力は、登山のそれに通じる。時には道なき道を、汗水流して歩いた末に得られる充実感。そして、大自然の中で味わう入浴の爽快感は秘湯ならでは、である。温泉研究家で、テレビ番組「TVチャンピオン」(かつてテレビ東京系列で放映)の温泉通で3連覇を達成した“温泉チャンピオン”の郡司勇氏にとっておきの秘湯を紹介してもらいました。

 車で行ける入門者向けから、登山経験がないと到達が困難な熟練者向けまで20の秘湯をえりすぐった。行き方や徒歩時間は下表に書いたが、詳細な地図を用意し、インターネットで検索して先人が行った状況も参考にしてほしい。では、北から順に個性溢れる秘湯を紹介していこう。

宮城県の荒湯地獄。草津温泉のような酸性泉。このような浴槽が各所にあり野湯の楽しみを満喫できる Photo by Isamu Gunji

 北海道の川又温泉は登別の近くで、幌別炭鉱で知られた沢筋にある。透明な湯で、足元から大量に湧出し溢れて小川に。湯量豊富な野湯である。

 ニセコには大湯沼があり、そこから沢を登ってゆくと小湯沼に着く。直径30㍍ほどの湯の池だ。中央は深いので要注意。白濁した湯で底には泥が大量に蓄積し素晴らしい。小湯沼から溢れた湯は馬場川になり、至る所に入浴できる場所がある。

 東北地方の野湯、安比温泉はスキー場で有名な安比高原より林道を終点まで行き、さらに2時間半歩く。途中から沢登りになる。四角い浴槽が整備されており、ややぬるめの温泉だ。近くに草の湯もある。林道の終点から徒歩20分。沢全体が硫黄泉で、あちこちで入浴できる。

 国見温泉は温泉宿で誰でも行ける。白い析出物と緑色の美しい珍湯だ。硫黄分も多く、国内でも屈指。宿は石塚旅館と森山荘、どちらも良い。

 荒湯地獄へは鳴子温泉郷の鬼首温泉から林道を登る。一面の白い砂の地獄地帯に高温の湯が湧く。先人が造った浴槽群が各所にあり、適宜入浴できる。硫黄を含んだ酸性泉だ。蔵王かもしか温泉は、エコーラインの途中から沢に下ってゆく。急な沢の中腹にあり2、3の浴槽がある。野湯の楽しみがよく分かる温泉だ。

 

 一本松温泉たつこの湯は乳頭温泉の黒湯から登山道を登っていく。白濁の硫黄泉で足元湧出である。黒湯から沢に下りたあちこちで湯が自噴しており入浴できる。奥奥八九郎温泉は、45度ほどのやや熱めの温泉がぼこぼこと湧出し、炭酸泉に多い析出物が周囲に蓄積してうろこ状になっている。含炭酸重炭酸土類泉であろう。近くに奥八九郎温泉や八九郎温泉もあり回ってみるのも楽しい。

次のページ>> 日本一、遠い温泉は?
1
nextpage

「温泉」について知りたいなら、
実用ライフスタイル誌ダイヤモンドQをどうぞ!

あなたのQuestionにズバッと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。老人ホーム選び、病院選びから、資産運用、保育園選びまで、重大な決断を骨太の記事やランキングで手助けします。

2015年11月号 好評発売中(税込780円)

ダイヤモンドQ2015年11月号

第1特集「利回り10%投資の世界」
株安下でも資産を増やしたい人は必読!

第2特集「資産価値を上げるマンション大規模修繕」
大規模修繕や建て替えの知識やノウハウを紹介

第3特集「日本のベスト温泉&温泉宿100」
宿泊者調査でベスト温泉100と温泉宿100をランキング

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

ダイヤモンドQ編集部

あなたのQuestionにズバっと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。保育園選び、学校選び、病院選び、老人ホーム選びなど、人は人生の節目で重要な決断をしなければなりません。ダイヤモンドQは、ランキングやエッジの聞いた骨太の記事であなたの「知りたい」に答えていきます。詳しくはホームページ[http://www.diamond.jp/gr/q]をご覧ください。


日本のベスト温泉100&温泉旅館100byダイヤモンドQ

紅葉から雪景色へ移る温泉シーズン。どこへ行こうかと思案中の方も多いだろう。そこで、宿泊者アンケートや専門家への取材など、いろいろな視点から「ベスト温泉と温泉宿」を特集した。

「日本のベスト温泉100&温泉旅館100byダイヤモンドQ」

⇒バックナンバー一覧