ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
外資系コンサルの3STEP思考術 ウェブ版
【第1回】 2015年10月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
森 秀明

仕事で行き詰まる人に共通する
たった一つの意外な理由

1
nextpage

仕事で思うような成果をあげることができず、壁にぶつかって伸び悩んでいるビジネスパーソンの多くは、多種多様な理由で悩んでいるようですが、私のみるところ、そうではありません。その理由とは意外なことにたった一つなのです。新刊『外資系コンサルの3STEP思考術』の著者の森秀明が、同書のエッセンスとともに紹介します。

こんな仕事の壁にぶつかっていませんか?

 「時間や労力をかけたのに、それに見合った結果が出ない」
 「完璧に仕上げたつもりの仕事なのに、予想以上の低評価」
 「話を聞いてもらったが、相手がなかなか動こうとしてくれない」

 これらの悩みは一見、異なるようでも最終的にたどり着く現実は同じ一つのこと。それは、「相手が聞きたいことを、きちんと伝えていない」ということになります。

 恐ろしいことに、相手が聞きたいことを伝えることができていない人たちの中には、自分が当事者であることに気づいていない人もいます。たとえば、次のようなことが習慣になってしまっているかどうかも見極めるポイントになります。

・自分の意見を一方的にしゃべる
・用意した資料をそのまま説明する
・相手の言葉を聞くゆとりがない

 これらの項目に一つでも心当たりがあるようなら要注意。自覚がないまま、やがて仕事で“行き詰まり”を感じるときを迎えてしまう危険性を孕んでいると言えます。

 本書を書くにあたって私が強く感じていたのは、相手が聞きたいことを正しく伝えることができない根本的な原因が「そもそも、よく考えていない」ことにあるのではないか、という点でした。よく考えていないから、自分の意見を一方的にしゃべる。よく考えていないから、用意した資料をそのまま説明する。よく考えていないから、相手の言葉を聞くゆとりがない。前述したチェック項目も、このことが原因だと考えることができます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

山本 一成 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年5月

<内容紹介>
最強の将棋AIポナンザの開発者が超重要技術、「機械学習」「深層学習」「強化学習」を解説。そのうえで「知能とは何か」という問への回答を示す意欲作です。自らの手で人工知能を創り、将棋名人と並ぶまでに成長させてきた著者が腹落ちしたことだけを書いているので、世界一やさしく面白い人工知能の本になっています。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/7~5/13)



森 秀明 

もり・しゅうめい。itte design group Inc. 社長兼CEO。一橋大学経済学部卒、慶應義塾大学院修了。ボストン コンサルティング グループ、ブーズ・アレン・ハミルトンなどの外資系コンサルティング会社を経て現職。経営者や事業の責任者が抱える戦略や業務、組織の課題解決を支援している。これまでに総計100案件40億円以上のプロジェクトを実施。WE HELP COMPANIESCREATE THEIR FUTURE STORIES. がミッション。


外資系コンサルの3STEP思考術 ウェブ版

たった3ステップの思考法が、あらゆる仕事の基本になっている。どんなに複雑そうに見える問題も、3つのスキル「整理、分解、比較」を使ってシンプルに考えれば、すっきり打開策を導き出せる。経験豊富な外資系コンサルが、なんでも考えられる思考術を紹介する新刊のウェブ版です。
 

「外資系コンサルの3STEP思考術 ウェブ版」

⇒バックナンバー一覧