ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『週刊ダイヤモンド』特別レポート

温室効果はCO2の1万倍!
忘れられる「フロンだだ漏れリスク」

【週刊ダイヤモンド12月5日号 暴れる地球特集:特別版】

週刊ダイヤモンド編集部
2015年12月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「地球温暖化の原因は、CO2だけではない。フロン対策に力をいれるべきだ――」

 こう警鐘をならすのは、環境省環境経済課長を務め、現在は函館税関長の笠井俊彦氏だ。

 COP21がパリで開幕し、気候変動の原因となる温室効果ガス排出削減の新たな枠組み合意へ向けて協議が始まった。だが、ここでフォーカスされる温室効果ガスは主にCO2だ。CO2よりも高い温室効果があるフロンガスについて、もっと議論されるべきだというのが笠井氏の主張だ。

 フロンガスは主に冷蔵・冷凍機器、空調機器などの冷媒として使用されている。1980年代初頭に、オゾン層を破壊する元凶として広く知られるようになった。

 だが、フロンガスの種類によっては、温室効果がCO2の1万倍にも及ぶガスであるということは、世界ではそれほど認識されていない。

 日本ではフロンガスの回収が法律で定められている。ところが、新興国では、日本のような法もなければ、空調機器などからフロンを抜き取り、処理するという仕組みなど皆無。つまり、ダダ漏れ状態で、効果的な対策は何らされていないのだ。笠井氏が警鐘を鳴らす理由はここにある。

 実際、2005年にIPCC(気候変動に関する政府間パネル)などが出した報告書では、世界全体でフロンはCO2に換算して年間20~25億トン放出されているという衝撃的な内容を公表している。日本の2014年度の温室効果ガス排出量のうち、CO2排出量は12億6600万トン。実に2倍以上の規模になるのだ。

 さらに悪いことに、このフロンは今後、さらに大量に漏れ続ける可能性がある。

 1987年に採択された「モントリオール議定書」で、「特定フロン」と呼ばれるオゾン層破壊の影響が大きく、温室効果も高いフロンが規制された。今は、「代替フロン」と呼ばれるオゾン層を破壊しないフロンを使った新しい機器へのリプレースが進められている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


『週刊ダイヤモンド』特別レポート

『週刊ダイヤモンド』編集部厳選の特別寄稿と編集部による取材レポートを掲載。本誌と連動した様々なテーマで、経済・世相の「いま」を掘り下げていきます。

「『週刊ダイヤモンド』特別レポート」

⇒バックナンバー一覧