ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
戦略読書
【第3回】 2015年12月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
三谷宏治 [K.I.T.虎ノ門大学院主任教授]

本は戦略的に読み方を変えろ!
ビジネス基礎は古典の「熟読」が一番効率的

1
nextpage

「粗読み」「斜め読み」「熟読」「重読」「輪講」「朝読」……目的が変われば、読み方も変わる。本からの学びを最大化するためには、どのような戦略が有効なのか?新刊『戦略読書』では、「読書ポートフォリオ・マトリクス(RPM)」によって、読むべきジャンルを意図的に変える戦略を紹介しているが、4つのセグメントごとの効果的な読み方とは?『戦略読書』から一部を抜粋して紹介する連載の第3回は、セグメント1の「ビジネス基礎」の最も効果的な読み方を解説する。

読み方を変える、とは?

 私はもともと、どんな本でも雑誌でも「読み方」は常に同じでした。好きで本を読んでいたので、虚心坦懐、全力で読み続けるのみでした。そのうちヒトより読むのが速くなったこともあり、不便を感じたことはありませんでした。でも就職前のインターンシップのとき、それまでとはまったく違う「読書」を経験しました。

 そこでは大きなお題だけを与えられ、情報収集をするための予算が(何万円か)あり、時間は限られていました。仕方ないので大手書店や政府刊行物センターを何軒か、半日かけて回って関連書(とおぼしきもの)を30冊くらい買い込み、それを1日で読み込みました。もちろん、まともに読んでいたら間に合わないので、ものすごい飛ばし読みです。

 読書をドライブだとしてみましょう。周りの風景が本の中身です。そのドライブにはきっと目的(デートかヒマつぶしか)があり、それに合わせた車種(スポーツ車かSUVか)や運転の仕方(スピード重視かのんびり運転か)、BGMのかけ方、記録の取り方なんかがあるでしょう。

 そう考えると、そもそも私の読書には、目的がありませんでした。本の形態は紙しか選ばず、読書方法はただ無心の境地での通読(*1)、時間や場所は教室での授業中。本に線を引くこともなく(*2)、読み終わったらすぐ次!でした。インターンシップのときには、それが全部違いました。

【目的】限定的情報の収集
【形態】紙でもなんでも可(検索上は電子書籍が有利)
【読書方法】キーワードに注意しての飛ばし読み
【読む場所】オフィスの机
【記録方法】書き出すか頁ごとコピー

 目的以外の部分を「読み方」とすれば、目的が変われば、読み方はまるっきり変わるということです。それにしても、30冊を1日で「読んで」しまうなんて、なんと勿体ない……。学生にとっては、とても贅沢で衝撃的な「読み方」経験でした。

目的に応じて、読書方法を変える。粗読み、斜め読み、熟読、重読

『ビジネスマンのための「読書力」養成講座』小宮一慶(ディスカヴァー携書)2008年

 小宮一慶『ビジネスマンのための「読書力」養成講座』では、読書方法をその目的に応じて、5つに分けています。

(1) 速読:求める情報を探すために、要点を素早く把握する
(2) 通読レベル1:最初から最後まで、普通に読む
(3) 通読レベル2:最初から最後まで、論点を整理し考えながら読んでいく
(4) 熟読:注や参考文献を参照しながらきっちり理解するために読む
(5) 重読:生き方などに関する座右の書として、何度も繰り返し読む

 です。(1)速読は、普通の意味とは異なるので、ここでは「粗読み」とします。文字通り、粗く読むこと、です。また(3)までやって(4)に至らないのは勿体ないので、(3)は(4)に含めることにします。(2)は「斜め読み」と言い換えます。すると、次の4つに分けることになります。

(1) 粗読み:特定の情報を探すために、キーワード周辺だけ読む
(2) 斜め読み:全体の論旨を把握するために、全体をざっと通読する
(3) 熟読:内容をしっかり理解するために、注釈も含めて精読する
(4) 重読:座右の書として、何度も繰り返し読む

 そしてこれらは、組み合わされることも多いでしょう。(1)粗読み×(3)熟読、(2)斜め読み×(3)熟読×(4)重読、などです。ざっと読んで大切なところを見つけたら、その部分は、理解できるまでじっくり精読(=熟読)するのです。

 これらの読書方法を含めた「読み方」が、第2回で紹介した「読書ポートフォリオ・マトリクス(RPM)」のセグメントごとに大きく異なります。読書の目的が、違うからです。資源配分や本の選び方だけでなく、本の読み方も戦略的に、変えましょう。

*1 全体を一通り読むこと。初めから終わりまで読み通すこと。
*2 中学まではほとんどの本は図書館から借りたものだったので、線を引いたりする習慣がなかった。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


三谷宏治 [K.I.T.虎ノ門大学院主任教授]

1964年大阪生まれ、福井育ち。小1のとき読書と読みかじりを人に教える快感に目覚め、駿台予備校では教えることの技術に衝撃を受ける。東京大学 理学部物理学科卒業後19年半、BCG、アクセンチュアで戦略コンサルタントとして働く。2003年から06年までアクセンチュア 戦略グループ統括。途中、INSEADでMBA修了。
2006年から教育の世界に転じ、社会人教育と同時に、子どもたち・親たち・教員向けの授業や講演に全国を飛び回る。「決める力」「発想力」と「生きる力」をテーマに毎年8000人以上と接している。現在K.I.T.(金沢工業大学)虎ノ門大学院 主任教授(MBAプログラム)の他に、早稲田大学ビジネススクール、グロービス経営大学院、女子栄養大学で客員教授、放課後NPO アフタースクール及びNPO法人 3keys 理事を務める。永平寺ふるさと大使。
著書多数。『一瞬で大切なことを伝える技術』(かんき出版)は啓文堂書店2012ビジネス書大賞、『経営戦略全史』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)はダイヤモンドHBRベスト経営書2013第1位、ビジネス書大賞2014大賞、『ビジネスモデル全史』(同)はHBRベスト経営書2014第1位となった。
HPは www.mitani3.com

 

 


戦略読書

みんなと同じ本を読んではいけない! ビジネス、SF、科学、歴史、マンガ、心理、哲学…他。「何を」「いつ」「どう」読むかを戦略的に変えて、コモディティ化しない自分をつくるための読書法を紹介する新刊『戦略読書』から、原稿の一部を抜粋して掲載します。
 

「戦略読書」

⇒バックナンバー一覧