ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
戦略読書
【第1回】 2015年12月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
三谷宏治 [K.I.T.虎ノ門大学院主任教授]

みんなと同じ本を読んではいけない!
読書には「戦略」が必要だ

1
nextpage

みんなと同じ本を読んでいると、みんなと同じ発想しかできなくなる。人の体が食べものからできているように、人の精神・思考もまた、読むものからできている。大学卒業後、ボストン コンサルティング グループで経営コンサルタントとしてのキャリアをスタートした三谷宏治氏が、職場で他人と意見がかぶったことに危機感を覚え、30年にわたって編み上げた自分の独自性をつくるための「戦略読書」。それをまとめた新刊『戦略読書』から、一部を抜粋して紹介する連載。第1回は、読書に戦略が必要な理由と、読書が持つ本当のパワーについて。

「読書に戦略」なんて、とんでもない!

 私は本を読むのが大好きです。子どもの頃からずっと好きでした。最初はSFや科学書(ときどき日本童話全集)しか読みませんでしたが、大学浪人時代以降は手当たり次第に乱読です。その奇想天外なストーリーや新しい知識や物語に、ただ浸って満足でした。

 手元に本がなければ、食卓のアジシオの成分表示だって読んじゃいます。「L‐グルタミン酸ナトリウム10%」云々。だって、活字を読むことそのものが、好きだったのですから(笑)

 だから「読書に戦略」なんてありませんでした。個人的には、本を楽しく読み続けていられるのなら、それでよかったのです。

 日本人平均の年間読書数は(雑誌を除いて)20冊ちょっと。月2冊程に過ぎません。20歳以上の日本人の3分の1は、1ヵ月間に本を1冊も読みませんし、月4冊以上読む人は2割もいません(*1)。全体の3分の2が「読書量を増やしたい」と答えますが、同じく3分の2が「読書量は以前に比べて減っている」と答えます(*2)

〔出所:『戦略読書』三谷宏治〕

 日本人の読書についての問題は、戦略云々よりまずは「量」。どれだけ読むか、こそが問題なのです。電子書籍でもマンガ版でも構いません。みんなが楽しくいっぱい本を読んでいること、が何よりなのです。

 でも大人になってみたら、少し読書への考えが変わりました。自分にとっての「楽しい」が変わったせいもあります。それとは別に、読書を仕事や人生に効率的に「役立てたい」という邪心が生まれたせいもあります。読書には「戦略」が必要だと、思うようになりました。

みんなと同じ本を読んでいたら、みんなと同じことを言うようになった

 自分が読書(何をどう読むか)に大きく影響を受けている、と初めて気がついたのは、社会人2年目の頃でした。それまでSFにせよ、新聞(中1からずっと2紙以上を読んでいる)にせよ、司馬遼太郎の『竜馬がゆく』にせよ、読んでいたのはただ「楽しいから」でした。私にとって読書とはほぼ純粋にエンターテインメントであり、テレビと変わらない存在でした。

 結果として「国語が超得意な理系学生」にはなっていましたが、それだけ(=本好きだと読解力が上がる)のことだと思っていました。

 でも違いました。ある日職場で、初めて人と意見が被りました。「○○って××だよね」と、同僚と同時に口に出してしまったのです。その内容までは(あまりに昔すぎて)覚えていませんが、まあ、実に凡庸な意見でそれが二重のショックでした。

 「他人と同じこと」「ツマラナイこと」しか言えない経営コンサルタントなんて、存在意義はありません。いや、それ以前に、私自身、ただただ恥ずかしく悲しく感じました。「面白い視点でものを言う」ことこそが価値(それで採用もされたらしい)だったのに、そんなツマラヌ存在になってしまったのかと。

 そうなってしまった理由は簡単でした。その前の1年半、人と同じものを読み続けていたためでした。社会人経験もなくMBA(*3)も持たない学卒若手コンサルタントが、その弱点を埋めるため、必死に本を読みました。城山三郎らのサラリーマン小説を100冊、そして、ビジネス基礎本を100冊以上。雑誌も「日経ビジネス」やらのビジネス系ばかりを月何誌も。

 そんな生活を1年半続けていたら、すっかりそれに染まって、人と同じ反応をする凡庸なコンサルタントができあがっていた、というわけです。人の体が食べるものからできているように、人(の精神)は読むものからできているのだ、と理解しました。

*1 2014年の書籍販売部数6.4億冊、公立図書館での個人貸出冊数7億冊より。
*2 「国語に関する世論調査」(2014年3月調査)文化庁より。
*3 Master of Business Administration。経営学修士などと訳される、ビジネス・マネジメントのための修士課程学位。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


三谷宏治 [K.I.T.虎ノ門大学院主任教授]

1964年大阪生まれ、福井育ち。小1のとき読書と読みかじりを人に教える快感に目覚め、駿台予備校では教えることの技術に衝撃を受ける。東京大学 理学部物理学科卒業後19年半、BCG、アクセンチュアで戦略コンサルタントとして働く。2003年から06年までアクセンチュア 戦略グループ統括。途中、INSEADでMBA修了。
2006年から教育の世界に転じ、社会人教育と同時に、子どもたち・親たち・教員向けの授業や講演に全国を飛び回る。「決める力」「発想力」と「生きる力」をテーマに毎年8000人以上と接している。現在K.I.T.(金沢工業大学)虎ノ門大学院 主任教授(MBAプログラム)の他に、早稲田大学ビジネススクール、グロービス経営大学院、女子栄養大学で客員教授、放課後NPO アフタースクール及びNPO法人 3keys 理事を務める。永平寺ふるさと大使。
著書多数。『一瞬で大切なことを伝える技術』(かんき出版)は啓文堂書店2012ビジネス書大賞、『経営戦略全史』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)はダイヤモンドHBRベスト経営書2013第1位、ビジネス書大賞2014大賞、『ビジネスモデル全史』(同)はHBRベスト経営書2014第1位となった。
HPは www.mitani3.com

 

 


戦略読書

みんなと同じ本を読んではいけない! ビジネス、SF、科学、歴史、マンガ、心理、哲学…他。「何を」「いつ」「どう」読むかを戦略的に変えて、コモディティ化しない自分をつくるための読書法を紹介する新刊『戦略読書』から、原稿の一部を抜粋して掲載します。
 

「戦略読書」

⇒バックナンバー一覧