ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ヘンタイ美術館
【第5回】 2015年12月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
山田五郎 [評論家],こやま淳子 [コピーライター]

ポジティブな栗原類!?
ラファエロのビジネスの才能

1
nextpage

「ヘンタイ美術館」とは、美術評論家・山田五郎さんを館長、ズブの西洋美術シロウト・コピーライターこやま淳子さんを学芸員見習いに見立てた架空の美術館。
美術に興味はあるけれどどこから入っていいのかわからない、という方々に向けた、西洋美術の超入門・連載です。こちらの連載では、書籍『ヘンタイ美術館』から内容をピックアップしてお届けします。今回は、「ラファエロの ゴルゴ式工房システム」です。 

ラファエロの ゴルゴ式工房システム!?

こやま ダ・ヴィンチさんは意外と作品数が少ないということがわかりましたが、ラファエロさんはいっぱい描いているんですか?

山田 うん、このなかでいちばん早く死んだのはラファエロなんだけどね。37歳くらいで死んでるから。

『自画像』1506年 ウフィツィ美術館、フィレンツェ

こやま それは若いですねえ。

山田 こういう顔してるからね、ちょっとモテたんですよ。

こやま あー、たしかにイケメン!

山田 日本でラファエロ展やったとき、栗原類がラファエロのコスプレしてプロモーションやってましたね。

こやま 栗原類!似てる!(笑)

山田 モテすぎて悪い病気もらって死んじゃったとも言われています。ちなみに、ミケランジェロは享年88。当時としては異常なほど長生きしてる。

こやま 長く生きたから自画像が年寄りなんですね……(笑)。

山田 で、レオナルドは67歳まで生きてるんだよ。
当時としては結構、長生き。だけど、いちばん短命だったラファエロより作品数がはるかに少ないんだよ。

こやま ふうむ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
王道経営

王道経営

新 将命 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,600円+税

<内容紹介>
ジョンソン&ジョンソンはじめ名門外資系トップを歴任した著者が、その40年以上にわたる経験から得た「王道経営」の理念と実践を語りつくす集大成。どんな名門企業も王道を外れては存続しえない。起業したばかりのベンチャーのトップから大企業の経営者まで、すべての経営者が読むべきバイブル!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、3/12~3/18)



山田五郎[評論家]

やまだ・ごろう/1958年東京生まれ大阪育ち。映画を学ぼうと上智大学新聞学科に入るが西洋美術史に興味を持ち、オーストリアに遊学。帰国後、大学院に進もうとしたが向いてないと教授に言われ自分でもそう思ったので出版社に就職。美術書を手がけるつもりが雑誌編集者として働くことに。
あらゆる分野で細分化と厳密化が進みすぎて全体像がわかりにくくなっている中で、自分は専門家ではないからこそ批判を怖れずざっくり面白く伝えることができると気づく。以来、美術、時計、食、街などについて、ざっくりした話を書いたり語ったり。
近著に『知識ゼロからの西洋絵画史入門』(幻冬舎)、『銀座のすし』(文春文庫)など。テレビ『ぶらぶら美術・博物館』(BS日テレ)や『出没!アド街ック天国』(テレビ東京系)など。

こやま淳子[コピーライター]

こやま・じゅんこ/京都生まれ。早稲田大学卒業後、博報堂などを経て独立。西洋美術はズブのシロウト。そんな自分にも楽しく美術を解説してくれた山田五郎トークの魅力にとりつかれ、ギャラリストの小和田氏、VoiceVisionの上地氏らとともに『ヘンタイ美術館』を企画。「学芸員見習い」として五郎館長に教えを請うトークイベントから始まり、同名書籍の元になった原稿を作成。様々な方々の協力を得ながら刊行に至る。
最近の仕事に、プラン・ジャパン「13歳で結婚。14歳で出産。恋は、まだ知らない。」、ワコール、カゴメ、ロッテの他、宣伝会議講師なども務める。著書に『しあわせまでの深呼吸。』『choo choo 日和』シリーズ。


ヘンタイ美術館

この「ヘンタイ美術館」は、美術評論家・山田五郎さんを館長に見立てた架空の美術館。美術に興味はあるけれどどこから入っていいのかわからない、という方々に向けた、西洋美術の超入門企画。

ダ・ヴィンチやミケランジェロといった、有名美術家たちは、じつはかなりどうかしちゃってるヘンタイばかり。そんな人間くさい美術家たちのキャラクターにスポットを当て、わかりやすく解説。

「ヘンタイ美術館」

⇒バックナンバー一覧