ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

日本株に売られ過ぎのシグナル
一旦はリバウンドのタイミング

松野利彦
2010年6月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 株式市場の調整局面がまもなく2ヵ月に及び、次第に売り飽き感が出始めている。またテクニカル的に「売られ過ぎ」シグナルも見られるようだ。バリュエーション面で割高感は薄れている。

 これまでマーケットを揺さぶってきた問題が解決したわけではないものの、いったんはリバウンドのタイミングではないだろうか。

 ギリシャ財政問題に端を発する金融市場の混乱がポルトガル、スペインなど周辺国へ波及、そしてユーロという通貨体制そのものの構造的問題を指摘されるまでに至った。

 さらに緊縮財政が欧州経済を停滞させ、世界経済を牽引する新興国経済にも悪影響をもたらすのではと心配されている。

 混乱の背景にはヘッジファンドの売り仕掛けもあろうが、結束しなければならないはずのEU内で足並みがまったく揃わないなど、対応に問題があり、解決にはなお時間を要すると考えられている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧