ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

第1四半期決算発表で狙い目は
会社予想が強い低PER銘柄

2010年6月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 3月期決算企業の本決算発表が終わるやいなや、6月には第1四半期(以下1Q)の決算月を迎える。株式市場では7月半ばから始まる1Q決算発表で会社側がどの程度、2010年度の業績を上方修正するかが注目されている。

 例年、1Q決算発表で上方修正された銘柄は素直に株価が上昇するため、こうした銘柄へのシンプルな投資が効果的だ。しかし今回の1Q決算発表を受けた銘柄選別は難しいと考えている。

 第一に、株式市場で上方修正が行き過ぎとも見られるほどに期待されていることだ。このため会社が上方修正しても、株価はあまり反応しない可能性がある。

 市場の業績期待を見るにはアナリストのコンセンサス予想(実際には各社アナリストの予想の平均値)が使われる。

 たとえば、QUICKが提供するコンセンサスを使い、会社側の営業利益の予想値と、コンセンサスの予想値との差を見ると、東証1部企業の65%(5月末現在)でコンセンサス予想が会社予想を上回っている。

 株価はすでにコンセンサス予想を織り込んでいると見られ、1Q決算発表で会社側が上方修正しても、逆に材料の出尽くしとなり株価は下げる可能性もある。

 第二に、円高ユーロ安や世界的な景気の不透明感が根強いなか、足元の業績のモメンタムは強くても、その持続性に懸念があることだ。1Q決算発表で上方修正されても長期的な見通しが不透明であれば、株価への反応も限られるだろう。

 そこで、足元では会社側の利益予想の修正を利用するのではなく、別の戦略に期待したい。筆者はむしろオーソドックスなPER(株価収益率)投資が効果的と考えている。単純にPERが低い銘柄に投資をする戦略だ。

 今後はこれまでと違って、PERなどの妥当なバリュエーションが市場で評価される局面になると見るためだ。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧