ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
女子高生社長、経営を学ぶ。
【第15回】 2016年1月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
椎木里佳 [株式会社AMF代表取締役],椎木隆太 [株式会社ディー・エル・イー代表取締役]

「寅さん」みたいに長く愛されるコンテンツをつくろう

「サンデージャポン」「人生の深イイ話!」にも出演で話題沸騰。「かわいすぎる女子高生社長」として注目されている椎木里佳さん。パパは「鷹の爪」で有名なコンテンツ会社「ディー・エル・イー」の椎木隆太社長です。

 本連載は、2月1日にダイヤモンド社から発売される『女子高生社長、経営を学ぶ』の中から一部をご紹介します。

 今回は「TGC(東京ガールズコレクション)」の権利を買収した事例をもとに、強いコンテンツとは何か、長く続くビジネスとは何かを学びます。

(取材・構成:佐藤智、竹村俊介、撮影:小川孝行)

ビジネスとクリエイティブを両立させよ

パパ 継続させるためには、ビジネスとクリエイティブが連動しなきゃいけない。でも、ビジネスとクリエイティブって、水と油で相反するものだよね。それを仲良く追い続けなきゃいけないっていう難しさは、すごくあるよね。

『女子高生社長、経営を学ぶ』ダイヤモンド社より発売。1300円+税

里佳 ビジネスとクリエイティブかぁ。

パパ お互い理解できない部分って、どうしてもある。でも、やっぱりそこを仲良くやる。ようするにチームを作るということが重要で。お互い信頼して、相手あっての自分たちなのだと理解すること。

 クリエイターとプロデューサーがうまくいかなくて現場が崩壊するプロジェクトって、意外と多いからね。

里佳 お互い仲良くやりましょうと。

パパ そう。幼稚な表現になっちゃうけど、そういうことだね。

里佳 いま「流行り廃り」ってすごい早いよね? このキャラ流行ったけど、いまは古いとか。だけど、パパが「長く親しまれるもの」にこだわったのはどうして? どんどん新しいもの作ればいいじゃんってならなかったわけ?

パパ 暗黒の三年間、コンサル業をやってるなかで、ハズブロさんとかとよく話をしたんだ。

里佳 ハズブロ?

パパ アメリカの有名なおもちゃメーカーね。で、そのハズブロの人たちが、日本のマーケティングに対して、「なんでこんな状況なんだ!」って憤ってて。

 「ベイブレード」とか「ビーダマン」とかが、日本でワーッと流行って、テレビ番組とかが始まるよね。で、普通それが1〜2年ぐらい続くんだけど、視聴率が下がったり、あるいは視聴率が下がってなくても、おもちゃの売上が下がり始めてビジネスに黄色信号が灯ると、時期を見て番組もおもちゃも打ち切りにしちゃう。で、別の新しいテレビ番組が始まっちゃう。そのときに、アメリカの人たちは困っちゃうんだよ。

里佳 なんで?

パパ アメリカ全土って広いから、めちゃくちゃマーケティングコストがかかるのね。人口も多いし。だから、ものすごくコストをかけてブランディングしていく。そうやって知名度が上がったブランドは、ものすごく大切にするんだ。なのに、2年かそこらで「ハイ、次」って切り替わっちゃったら「こんなのについていけないよ」って思うのも無理はない。

里佳 ふーん、こんなにコロコロ変わるのは日本の勝手なのか。

パパ 「テレビの視聴率が下がってきたから」とか「おもちゃが売れないから」って、作り手の一方的なロジックでしょ? ファンはまだいるのに、もったいない。

 本来はもっとなだらかに人気や売上も落ちていくはずなのに、打ち切ることでガクンって突然なくなってしまう。テレビで放送終了した時点で、パタッてなにもなかったかのようにブームが終わる。世の中から消えちゃう。

「鷹の爪」が当初から意識していたのは「寅さん」

里佳 もし、自分がまだファンだったら、突然打ち切りなんてイヤだよね。

パパ うん。ただ、すべてテレビに頼っていたら、こういうことは今後も起こりうるんだけど、いまはネットの時代だから。仕掛け側の熱意や覚悟さえあれば、ネットの時代にパタッて終わるっていうことは起こりにくい。

 これからの時代は、アメリカのようにコンテンツを大事にしながら、ゆっくり落ちていく、あるいはなにかをきっかけに落ちてきたけれど、またボーンと上がって、またヒューッと落ちてきて、またヒュンって上がるみたいなことが起きうるんじゃないかな。

里佳 「隠れファン」とか「私だけはずっと魅力わかってます」的なファンもいるもんね。

パパ そうだね。一回築いたブランドを大事にするっていうコンセプトは、今後重要なんじゃないかな。

 テレビが主流で、ドライにやってきたことを考え直す時期にきてる。かたや「寅さん」とかは、ずっとやっていて、偉大なるマンネリのなかで、すごい存在感もあるわけだ。愛すべきものを生み出して、それを多くの人が楽しみにしているってすごいよね。キャラクターとかアニメーションでも、そんな感覚ができたらいいなと考えてるんだ。

里佳 アニメで「寅さん的な存在」を?

パパ そう。「鷹の爪」は超初期のころから「寅さん」を意識してたんだ。
ネットの時代にパタッて止まるのは、作り手側がコンテンツを作り続けていればありえない。YouTubeで新作をやり続ける限り、そこまでの人気でなくても続けられる。もちろん「テレビでやっていたのが、今やYouTubeか、落ちぶれたな」なんて言われるのかもしれないけど。でも、絶対に作り手側が止めなければ終わりはない。

里佳 自分たちが諦めなければ、まだまだ可能性があるってことなのか。

パパ そう。コンテンツオーナーが自分たちで商品のライフタイムを決められるというのが、いまの時代だと思うんだ。

里佳 「鷹の爪」も「寅さん」みたいに長ーく愛されるといいね。

※明日に続きます

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


椎木里佳 [株式会社AMF代表取締役]

1997年生まれ。現役の高校3年生で、実業家。「女子高生社長」として知られ、都内の高校に通いながら、六本木ヒルズに事務所を置く株式会社「AMF」を経営。小学校のときにホリエモンの活躍を見て、社長業に興味を持つ。中学3年生のときに起業。現在は、学業のかたわら、スマートフォン向けアプリの開発や各種イベント企画プロデュースなどの事業活動を展開している。父は「鷹の爪」で有名なDLEの社長、椎木隆太氏。

椎木隆太 [株式会社ディー・エル・イー代表取締役]

慶応義塾大学経済学部卒業。「秘密結社 鷹の爪」などをはじめとする、さまざまなキャラクターを保有。1991年4月ソニー株式会社入社。1992年よりソニーインターナショナルシンガポール駐在。1995年ソニーベトナム・ハノイ支社長就任。2001年ソニー株式会社退職後、有限会社パサニア(現株式会社ディー・エル・イー)を設立し、代表取締役就任。現在に至る。


女子高生社長、経営を学ぶ。

女子高生社長として知られる椎木里佳さんが、上場企業の社長であるパパに経営を学ぶ!

「女子高生社長、経営を学ぶ。」

⇒バックナンバー一覧