ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
女子高生社長、経営を学ぶ。
【第12回】 2015年12月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
椎木里佳 [株式会社AMF代表取締役],椎木隆太 [株式会社ディー・エル・イー代表取締役]

すぐに聞きたがる人は起業しない

「サンデージャポン」「人生の深イイ話!」にも出演で話題の女子高生社長・椎木里佳さん。パパは「鷹の爪」で有名なコンテンツ会社「ディー・エル・イー」の椎木隆太社長です。

 里佳さんが、上場企業の社長であるパパに経営について学ぶこの企画。今回は椎木親子が大切にしている「感謝・謙虚・全力」のお話。

(取材・構成:佐藤智、竹村俊介、撮影:小川孝行)

 

カジュアルに聞きすぎるのは現代人病

里佳 私、ツイッターとかで「どうやって起業するんですか?」とかってよく聞かれるのね。

『女子高生社長、経営を学ぶ』ダイヤモンド社より発売。1300円+税

パパ 「こういうことで悩んでいて、どうしたらいいですか?」とかじゃなくて?

里佳 そう。「どうやって起業するんですか?」って。

パパ 漠然としてるなあ。

里佳 ね。だから「普通に行政書士さんにお願いして、40万円ぐらい準備すればなんとかできるよ」みたいな感じで返すと、「ああ」みたいな。

パパ それでその人は起業したのかな?

里佳 うーん、多分してないだろうな。。。

パパ 里佳の会社にもいろんな質問メール来るよね。「こんな質問を会社のinfo宛にしてくるか?」っていうのが多いんでしょ? 「起業するのに注意することってありますか?」とか。

里佳 これ、超多い!

パパ スタートアップの頃は何かと忙しいからね。その人の時間を奪いたいなら、それなりの礼儀があってもいいんじゃないかとは思うよね。

里佳 それはでも、「現代人病」だと思ってるんだ。

パパ ほほ〜。

里佳 ツイッターのリプみたいな感じで、一切会ったことのない人が、ため口でメール送ってきたりするの。そういうのが普通だと思ってるのかな。会社のお問い合わせにもそういうノリで送っていいみたいな感じに。

「感謝、謙虚、全力」を大切に

パパ ビジネスをやる上ではそのあたりの礼儀って大切だよね。里佳はちゃんとできてる?

里佳 私なりにちゃんとしてるつもりだけど。パパ、基本的に自由にさせてくれるけど、礼儀とか、規律とか、親に対する言葉とか、時間とか、ベースの部分はけっこう厳しく言ってくるよね。

パパ まあ、そういう根幹の部分さえ伝えておけば、あとは里佳の自己責任だからね。その一番の根幹が……

里佳感謝、謙虚、全力! でしょ?

パパ そう。「感謝」の気持ちがあれば、人を敬い、相手の時間を大切にし、出会いを大切にし、言葉遣いも自ずと変わってくるでしょ?

「謙虚」な気持ちがあったら、成長への努力を惜しまないでしょ?

 人から何かお願いされたら、「全力」で取り組み、その姿勢と結果でみんなに「またぜひお願いしたい」と喜んでもらいたいでしょ? 感謝、謙虚、全力はすべての根幹なんだよ。ちゃんとできてる?

里佳 イヤなこととかあると、たまーに忘れちゃうけど、社名に付けるぐらい大事にしてる言葉だから心配しなくても大丈夫よ!

パパ 頼もしいね〜。

里佳 最近は「これいいな!」と思ったら、人のやっていること盗んだりもするよ。

パパ たとえば?

里佳 たとえば私、名刺入れの上に名刺を置くって知らなかったのね。名刺の渡し方とかは教わったんだれど。名刺入れの上に置くのは、人がやってるのみて学んだ。

パパ そうやって、できる人のマネをしていけば、いつか最強のビジネスパーソンになれるよ。

里佳 ビジネスマナー、どんどんパクろっと。

 

(次回は来年1月6日更新予定です)

 この対談を特別編集し、「起業と経営の基本ノウハウ」を詰め込んだ椎木里佳さん・隆太パパ初の著書『女子高生社長、経営を学ぶ。』がダイヤモンド社より発売予定! 乞うご期待!

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


椎木里佳 [株式会社AMF代表取締役]

1997年生まれ。現役の高校3年生で、実業家。「女子高生社長」として知られ、都内の高校に通いながら、六本木ヒルズに事務所を置く株式会社「AMF」を経営。小学校のときにホリエモンの活躍を見て、社長業に興味を持つ。中学3年生のときに起業。現在は、学業のかたわら、スマートフォン向けアプリの開発や各種イベント企画プロデュースなどの事業活動を展開している。父は「鷹の爪」で有名なDLEの社長、椎木隆太氏。

椎木隆太 [株式会社ディー・エル・イー代表取締役]

慶応義塾大学経済学部卒業。「秘密結社 鷹の爪」などをはじめとする、さまざまなキャラクターを保有。1991年4月ソニー株式会社入社。1992年よりソニーインターナショナルシンガポール駐在。1995年ソニーベトナム・ハノイ支社長就任。2001年ソニー株式会社退職後、有限会社パサニア(現株式会社ディー・エル・イー)を設立し、代表取締役就任。現在に至る。


女子高生社長、経営を学ぶ。

女子高生社長として知られる椎木里佳さんが、上場企業の社長であるパパに経営を学ぶ!

「女子高生社長、経営を学ぶ。」

⇒バックナンバー一覧