ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
追跡!AtoZ ~いま一番知りたいテーマを追う!超リアルドキュメント

ペット大国日本が抱える問題。
葬儀から霊園まで、「ペットの死」をめぐるトラブルの現場

NHK「追跡!AtoZ」取材班
【第46回】 2010年6月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
ペットの移動火葬車。ペットを家族の一員と考え、人間と同じように弔いたいと考える人が増えている。

 道路脇に止められた1台のトラック。喪服の女性が荷台に花を捧げ、手を合わせている。執り行なわれているのは“ペットのお葬式”。「移動火葬」と呼ばれ、死骸は備え付けの焼却炉で火葬される。最近、死んだペットを人間と同じように弔う人が増えているのだ。

 犬猫合わせて2200万匹のペット大国となった日本。しかしいま、その墓や葬儀をめぐってトラブルが相次いでいる。

火葬すると偽り、死骸を山林に廃棄。
横行する悪質なペット葬祭業者

 今年3月、取材班の元に届いた1通のメール。そこには凄惨な写真が添付されていた。袋に入れられ、無造作に投げ捨てられた犬の死骸。誰がなぜこんな酷いことをしたのか。

取材班に届いた、犬の死骸の写真(写真左)。現場となった埼玉県飯能市の山林には、大量のペットの死骸が遺棄されていた(写真右)。

 埼玉県飯能市。写真が撮られた現場は人里離れた山林だった。第一発見者は地元の猟友会の男性。山に入ると、斜面一面に犬の死骸が入ったポリ袋が散乱していたという。動物愛護団体と共に現場を調査すると、死骸の多くが洋服を着ていたり、千羽鶴が添えられていたりと、火葬に付される前の状態であることが判明した。

 4月、ペットの葬祭業を営む男が詐欺などの疑いで逮捕された。ペットの死骸を火葬するといって飼い主から料金を取り、実際には捨てていたのだ。犯行は10年近く続いていたとみられている。6月16日に行なわれた初公判。検察側の冒頭陳述によれば、男は同業者との価格競争が激しさを増す中、コストを抑えるために死骸を捨てたという。

悪質なペット葬祭業者の被害者となった笹木恭子さん。業者から送られてきた骨壺の中には、愛犬の骨ではない、別の動物の骨が入れられていたことが発覚。悔しさを滲ませる。

 一体どんな手口だったのか。被害者の1人、笹木恭子さんを訪ねた。笹木さんの愛犬が死んだのは去年12月。思い出を手元に置いておきたいと2万円で火葬を頼むことにした。当日、男は一人、ワゴン車に乗って現れた。トランクに用意されていたのは祭壇と棺。悲しみに暮れる笹木さんを前に、男はカセットテープでお経を流しながら別れの言葉を述べ始めたという。

 「もっと一緒にいてあげればよかった、可愛がってあげればよかった・・・と涙をそそるような言葉を並べ立てるので涙が止まらなかった。信じ切っていた」

と笹木さんは悔しさを滲ませる。

 事件の発覚後、笹木さんは不安を感じ、火葬後に送られてきた骨壺の中身を獣医に見てもらった。その結果、騙されていたと判る。骨の中に、歯の欠片が混ざっていたのだ。笹木さんの愛犬は年老いていたため歯がなく、歯茎で餌を食べていた。それにも関わらず、尖った歯が沢山入っていたのだった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
男女の「謎」に最新科学で挑む! 『だから、男と女はすれ違う』

NHKスペシャル『シリーズ 女と男』を単行本化!
最新科学によって、すれ違う男女の「謎」に迫る。女は本当に地図が読めないのか? なぜ男は「見た目」を重視するのか? なぜ「離婚のピーク」は結婚4年目なのか? 等、男女の人間関係を中心に、共に歩んでいくための「知恵」を探っていく。1500円(税込)

話題の記事

NHK「追跡!AtoZ」取材班

毎回、担当ディレクターが取材内容をもとに執筆、番組内容を再現。
記事の後半では、元社会部記者で「週刊こどもニュース」のお父さん役も務めた番組キャスターの鎌田靖解説委員が、「キャスター日記」として取材を振り返りながら総括する。
◎番組ホームページは、こちら


追跡!AtoZ ~いま一番知りたいテーマを追う!超リアルドキュメント

政治から犯罪、社会問題まで、読者がいま一番知りたい話題を徹底追跡。その背景に迫ることで、時代を読み解いていく。NHKで放送中の同名ドキュメンタリー番組をウェブ用に再構成してお届けします。

「追跡!AtoZ ~いま一番知りたいテーマを追う!超リアルドキュメント」

⇒バックナンバー一覧