ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金融市場異論百出

世界最高峰の高尚な“お笑い”も
FOMC激動の1年が明らかに

加藤 出 [東短リサーチ代表取締役社長]
2016年2月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
笑顔を見せるベン・バーナンキ前FRB議長。重大な金融政策を決めた場においても、そこには笑いがあり、同様の笑顔を見せていたようだ Photo:AP/アフロ

 笑いの数は222回。これは先日公開された、1605ページに及ぶ2010年の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録に記された「Laughter(笑)」の回数である。米紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」の記者が数えた。

 幾つか抜粋しよう(太字部分、肩書は当時)。サッカーのワールドカップが開催中だった6月23日。

デニス・ロックハート・アトランタ連邦準備銀行総裁「FOMC声明文の発表時間を1時間半遅らせることを提案したい。これはFRB(米連邦準備制度理事会)の名声を高めると考える(笑)」

 発表時間を遅くすれば市場参加者が試合を観戦できるからだが、発言後にロックハート総裁は「議事録は私が冗談を言ったと読めるようにしてほしい」と要望した。

 8月10日の議事録にはこうある。

ジェフリー・ラッカー・リッチモンド連銀総裁「最大手ピーナツ会社によると、カクテルピーナツ(カクテルのつまみに食べる塩をまぶしたピーナツ)の販売は落ちているが、ピーナツバターは伸びている(笑)」

 ベン・バーナンキFRB議長「ピーナツ指標についても、もっと質問させてほしい(笑)」

 ラッカー総裁「カクテルピーナツはハイエンド商品。それ故景気後退期の今は売り上げが落ちる。人々は(安い)ピーナツバターをたくさん食べている」

 これを受けてロックハート総裁が次のように発言する。

 「もし生まれ変わることができるなら、私は(米豚肉生産大手)スミスフィールド・フーズの豚になりたい。命は短いが、ずっとピーナツを食べていられるからだ」

 同社のハムはピーナツで育てられた豚で作られているからだが、この発言は見事にすべったらしく、(笑)は記されていなかった。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月28日号 定価710円(税込)

特集 劇変世界を解く 新地政学

世界史の大転換が始まる

【特集2】
銀行界も戦々恐々
コンビニATM戦争

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


金融市場異論百出

株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。

「金融市場異論百出」

⇒バックナンバー一覧