ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
稼ぐ言葉の法則
【第13回】 2016年3月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
神田昌典

【公式09】勝手に許可の法則

【貧す人】→なぜ“会社”は、許可しないのか?
【稼ぐ人】→なぜ“自分”は、許可しないのか?

1
nextpage

できるだけ早く、小さな形にしてみせよう

神田昌典(Masanori Kanda)
経営コンサルタント・作家。株式会社ALMACREATIONS代表取締役。日本最大級の読書会「リード・フォー・アクション」主宰。上智大学外国語学部卒。ニューヨーク大学経済学修士、ペンシルバニア大学ウォートンスクール経営学修士。コンサルティング業界を革新した顧客獲得実践会を創設(現在「次世代ビジネス実践会」)。のべ2万人の経営者・起業家を指導する最大規模の経営者組織に発展。わかりやすい切り口、語りかける文体で、従来のビジネス書の読者層を拡大。「ビフォー神田昌典」「アフター神田昌典」と言われることも。『GQ JAPAN』(2007年11月号)では、「日本のトップマーケター」に選出。2012年、アマゾン年間ビジネス書売上ランキング第1位。著書に、『あなたの会社が90日で儲かる!』『非常識な成功法則【新装版】』『口コミ伝染病』『60分間・企業ダントツ化プロジェクト』『全脳思考』『ストーリー思考』『成功者の告白』『2022――これから10年、活躍できる人の条件』『不変のマーケティング』『禁断のセールスコピーライティング』、監訳書に、『ザ・コピーライティング』『伝説のコピーライティング実践バイブル』『ザ・マーケティング【基本篇】』『ザ・マーケティング【実践篇】』などベスト&ロングセラー多数。

 顧客の声に深く耳を傾けていたら、新しいアイデアを思いついた。

 「実現したらすごいのに、なんで誰もやらないんだろう?」

 と、あなたは疑問に思うかもしれない。

 けれど、その誰かとは、アイデア実現にすでにワクワクしている人、すなわち、「あなた」なのである。

 だから躊躇せず、手を挙げ、実現を推進する側に回ろう。とても大事なことは、できるだけ早く、小さな形にしてみせることである。

千葉にすごい会社が!

 大里綜合管理株式会社(千葉県大網白里市)というすごい不動産会社があるが、ここでは280を超える地域貢献プロジェクトを実行している。

 たとえば、渋滞しがちな道路の交通整理、街灯のまわりの植栽、クリスマス時期の駅前イルミネーション設置など。

 社員ひとりひとりが、地域のためにできることを気づいたら、それを即、実行している。2015年11月に、『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)でも特集された。

 同社の野老(ところ)真理子社長によれば、実行していくうえで重要なポイントは、許可を求めずに、小さく始めることであるという。

 たとえば、「街路灯のまわりに花を植えていいですか?」と行政に許可を取ろうとすると、まず許可は下りない。

 しかし地域住民のためになると考えたら、許可を求めずに実行する。すると、どうなるか? 

 「誰が、こんなところに花を植えたんだ」と、取り除かれることもある。
 普通だったらあきらめてしまうが、この会社は「また植えればいいじゃない」と考え、再び植えにいく。

 そして再度、花が取り除かれてしまうと、今度は地域住民から「せっかくキレイだったのに……」と、逆に文句が出るようになってくる。

 結果として、花を植えることは既成事実として、まわりに応援されるようになるという。

 これは地域貢献プロジェクトだけに限らない。
 会社でも、同じだ。
「ラフのチラシを書いてみたのですが……」
「簡単な紹介映像をつくってみたのですが……」
「簡単な試作品を組み立てたのですが……」

 と、アイデアをさっそく、形にしてみせる
 そして、それをまわりに見せたりしながら、フィードバックをすばやく得て改善していく。

貧す人】は、まわりに許可を求めるが、【稼ぐ人】は、許可を得なくても自分でできる範囲で、小さな形にしてみせるのだ。

 何も動かないことで失われるのは、経験だけではなく、あなたの純粋さである。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
はじめての問題解決力トレーニング

はじめての問題解決力トレーニング

斎藤 顕一 著/竹内 さと子 著

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年5月

<内容紹介>
これまでの問題解決本は難しすぎた。マッキンゼーで実践し、BBT大学・大学院の人気講座で教える著者がつくった普通のビジネスパーソンのための問題解決法」。一般ビジネスパーソンができる範囲で図を描き進めることで、問題解決のための分析ができ、問題の本質に迫ることができるようになります。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、5/8~5/14)


注目のトピックスPR


神田昌典【著】                                        
経営コンサルタント・作家。株式会社ALMACREATIONS代表取締役。日本最大級の読書会「リード・フォー・アクション」主宰。上智大学外国語学部卒。ニューヨーク大学経済学修士、ペンシルバニア大学ウォートンスクール経営学修士。コンサルティング業界を革新した顧客獲得実践会を創設(現在「次世代ビジネス実践会」)。のべ2万人の経営者・起業家を指導する最大規模の経営者組織に発展。わかりやすい切り口、語りかける文体で、従来のビジネス書の読者層を拡大。「ビフォー神田昌典」「アフター神田昌典」と言われることも。『GQ JAPAN』(2007年11月号)では、「日本のトップマーケター」に選出。2012年、アマゾン年間ビジネス書売上ランキング第1位。著書に、『あなたの会社が90日で儲かる!』『非常識な成功法則【新装版】』『口コミ伝染病』『60分間・企業ダントツ化プロジェクト』『全脳思考』『ストーリー思考』『成功者の告白』『2022―これから10年、活躍できる人の条件』『不変のマーケティング』『禁断のセールスコピーライティング』、監訳書に、『ザ・コピーライティング』『伝説のコピーライティング実践バイブル』『ザ・マーケティング【基本篇】』『ザ・マーケティング【実践篇】』などベスト&ロングセラー多数。
 


稼ぐ言葉の法則

20年のコンサル実績!「日本一のマーケッター」が待望の「売れる公式41」を初公開!あなたは、【貧す人】?【稼ぐ人】どっち?たった一語で天国と地獄!「PASONAの法則」は、マーケッターの間ではよく知られている法則で、著者が17年ほど前に開発したものだが、今まで書籍化を拒んできた。なぜなら、あまりにも効果的かつ即効性があるために、悪用されかねなかったからである。今回、ようやく誤解されることなく、説明できる自信がついたので、時代の変化を踏まえて改善し、「新・PASONAの法則」として、初めて詳しく説明する。PART3の【貧す人】vs【稼ぐ人】売れる公式41も、シンプルかつ強力だ。表面的には、41の売れる公式だけを集めたように思われるかもしれないが、背景には、著者の20年間で数万人のコンサルティング経験を凝縮した理論体系があり、稼ぐビジネスをつくりあげるうえで、本当に必要な原則を漏れなくダブることなく抜き出した。
気楽に読んで、ひとつでも使ってみていただくと、たちまち現実に違いが生じ始めるはずだ。

 

「稼ぐ言葉の法則」

⇒バックナンバー一覧